2015.06.01

マッサージが効く!?雨の季節のつらーい偏頭痛、その対処法

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。気圧の変化か気温のせいなのか、雨の季節って偏頭痛が起こる方が多い季節でもあります。雨が降っているだけでも憂鬱な気分になりがちなのに、偏頭痛まで起こると動くのも嫌になってしまいますね。
偏頭痛で顔がずっと歪んでいるとシワになってしまうかも?!痛みを無くして少しでも快適な梅雨を過ごせる方法をお伝えします。

顔をぐりぐり揉むのはやめよう

頭が痛いと顔や頭をぐりぐりと揉みたくなってしまいますが、強い摩擦は肌にとって最大の負担になります。梅雨、偏頭痛にプラスして、顔までシワシワになってしまったら、気分は最悪。立ち直れません。
拳を作ってぐりぐりと揉むよりは、オイルを付けてマッサージをする方法を取りましょう。
外出先の場合は、ぐりぐりせずにぐーっと押し付ける方法がいいようです。
こめかみの辺りや、目の下のくぼみ周りに偏頭痛を和らげるツボがありますので、その辺りをぐーっと数回押してみましょう。
目の下のくぼみは、偏頭痛がない時に押してみても痛みがある場所です。顔の浮腫み改善にもなりますので、押してみてくださいね。

手を揉み解して痛みが楽に

手にはツボがたくさんあります。偏頭痛がある方は、手の甲側、手首の付け根から腕に向かって10cm辺りを揉むだけでも痛みが和らぐようです。ここには、「外関」という偏頭痛の痛みを和らげるツボがあります。その他、手全体のマッサージをするだけでもとても楽になります。特に、親指下の膨らみの辺りや、各指の間にある水かき部分をしっかり揉んでみてください。
それだけでも、軽い偏頭痛ならすっきりします。
偏頭痛だから浮腫むのか、浮腫むから偏頭痛があるのか、どちらが先かはわかりませんが、偏頭痛の時って身体全体の血流が悪い感じがします。
かといって、偏頭痛の中でストレッチをするのはとても辛いです。お風呂などで温めるのも良くないと言われているので、横になったりして手をマッサージしてみてくださいね。

どうしても辛い時は我慢しないで痛み止め

マッサージだけでもどうにもならない偏頭痛は、お薬を飲んで横になることが一番です。薬に頼ることを嫌がる方もいますが、偏頭痛は吐き気を催す場合もありますので、ひどくなる前のお薬が大切なようです。

それ、偏頭痛?いつもと違う時は病院へ

筆者も偏頭痛持ちなのですが、その日はいつもと痛みが違いました。頭に紐をきつく巻かれている感じというか、ぐるぐる巻きにされている感じというか。
気持ち悪いわけではないのですが、薬を飲み込むのもしんどいな、と思っている間に倒れて救急車で運ばれたことがあります。結果、過労だったのですが2日間くらいめまいがひどくて立つこともできませんでした。偏頭痛には色んな種類がありますが、いつもと違う痛みが続く時は病院へ行ってみることも必要です。

おわりに

偏頭痛は日常生活に支障をきたすことも多い病気です。マッサージで痛みがなくなることもあれば、薬に頼る日もあります。偏頭痛の種類を病院で確認してもらうとぴったり合う薬を処方してもらうこともできます。
あまりにも頻繁に続くようなら必ず病院へ行ってみてくださいね。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事