2015.05.29

喜んでないから!男子に失礼なセリフを二度と言わせないコツ・5選

こんにちは、ぽこひろです。
男子というのは困ったもので、女子に失礼なセリフを言って怒らせるのが大好き。
「前の髪型のがいいよー」、「太った?」、「その服なんなのー」など、これらのセリフに異常に聞き覚えがある人も少なくないでしょう。

こういった事案があとをたたないのは、「ちょっとやめてよー!」怒っている女子を見て「しめしめ、喜んでいる喜んでいる……」と勘違いしているからです。
ようするに、怒りが伝わってません。

「二度としゃべることができない身体にしてやろうかぁ!」という気持ちを込めつつ、しっかりと怒りを乗せたリアクションで、二度と同じセリフを言わせないようにしましょう。
今回は20代男子15人に協力してもらいました。

1.無視

「下手にリアクションとられるよりは、むしろ無視が一番効くと思うわ。これならどんなやつでも、『やべ、マジで怒ってる』て察するでしょ」(大学生/22歳)

「やめてよー」と通りいっぺんの返しが禁物なのは述べたとおりです。こういうふうに、明らかに怒っている態度を示すことは重要。

しかし鈍感な男子は、「おい無視すんなよー」とエスカレートしてしまうかも。そんなときには次です。

2.舌打ち

「この前女子に『あれ、また太ったー?』ってつんつんしたら、めっちゃデカい音で舌打ちかまされた。
俺はめっちゃ小さい声で『すみません』って謝罪かましてやった」(営業/25歳)

女子の舌打ちなんて、一生に一度聞けるかどうかというくらいレアですね。これは効くはず。その男子が、ちょいドMでなければ……。

3.女子に言う

「その子に対して言ったのに、すぐさま『○○ちゃんー、今この人にヒドイこと言われたんですけどー』ってチクられて、すげー女子から集団で怒られた……」(大学生/21歳)

男子の苦手なもの。そのひとつが、女子の集団攻撃です。
自分ひとりの力では、男子に怒りを伝えきる自信がない。そんなときには仲間の力を借りましょう。

4.「そうだよ」

「俺も女子に『太った?』って聞いちゃって……。そしたら真顔で『そだよ。なに?』って言われて、なにも言い返せず」(フリーター/25歳)

先述した通り、男子が失礼なことを言うのは女子が顔を赤くして怒る姿が見たいから。

なので、ごくごく冷静に淡々とリアクションをすれば、「おもしろくねー」と思って次からはしてこないでしょうね。

5.言い返す

「イジったら、『君は汗臭いねー』って即座に言い返された。あれはキツかったわ。
そのあと、ちょっとしたトラウマになって女子をイジれない」(塾講師/26歳)

目には目を、ということで、同じ目に合わせてあげるのもいいでしょう。どれだけ辛いか、カレがもっとも気にしていそうな部分をつついていいと思いますよ。

だって、「太った?」とかなんてそれくらいの重罪ですからね。

おわりに

いかがでしたか?言う側が単なるジョークでも、言われた側は傷つきつつ、しかも笑顔で返さなくてはいけないなんて不公平ですね。

こういった日本の悪い風習が消えるように、みなさんも失礼な男子を片っ端から撲滅していきましょう。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事