2011.01.07

もう使い捨てなくていいんです!地球にもお財布にも嬉しい♪ 繰り返し使えるカイロの作り方

寒いときにポケットにカイロがあるとうれしいものです。おなかや背中に張っておくと、寒さの感じ方がかなり違います。

使い捨てのカイロだとゴミになるし、いくつも使うとけっこうな出費になってしまいます。

でもこのカイロなら、何度も使えるのでオフィスで隙間風が気になる方や、家で暖房費を節約したい方にもおススメです!

         

カイロの作り方

<準備するもの>
綿タオル地の布 18センチ×10センチ
小豆 100g程度

<作り方>
1.綿タオルを、裏を外にして半分に折り、5センチ残して周りを縫います。小豆の大きさより細かい縫い目にしてください。

2.縫い残して開いている部分から、袋を裏返して表面を外に出します。

3.小豆を入れて口を閉じれば完成です。小豆は7分目程度になるよう、量を調整してください。

カイロの使い方

1.電子レンジで15秒ずつ様子をみながら加熱します。レンジにもよりますが、1分程度で温かくなります。
加熱しすぎると焦げたりして危険です。1分を目安にしてください。

2.熱い場合はハンドタオルなどでくるみ、通常のカイロと同様に使います。冷めたら温めなおしてください。

おわりに

小豆のじんわりとしたぬくもりがうれしいカイロです。長いサイズにして首まわりを温めたり、腰にまいたりすることもできます

大きめにつくって体を温めると、エアコンや暖房の設定温度を少し下げても寒さに耐えられます。暖房費が減ってゴミも出ず、エコな寒さ対策になります!

サイズを大きくするときは、袋に仕切りをつけると中身がかたよらず、使いやすくなりますよ。

関連記事