2015.05.30

新進気鋭です!大手企業マンより「これから伸びそうな上昇株男子」4選

こんにちは、ぽこひろです。
最近日本の経済が下向きで、誰もが知っているような大きな会社がやれ赤字だの、やれ事業縮小だのといったニュースは珍しくなくなりましたね。

そんな流れのなかでは、もはや「大手企業マン」は絶対的な存在ではなくなりつつあるのかもしれません。いつ倒産やリストラの悲劇に見舞われないともわかりませんから。

今回はそのことに関して恋愛の観点から考えてみましょう。
みなさんがこれから狙っていくべき「上昇株男子」について、恋愛コラムニストでありながら制作会社の社長も務める塚田牧夫さんに聞いてみましたよ。

1.英語以外

「英語を話せる人は、たしかに重宝です。ですが増えすぎました。
これからは中国語やアフリカのスワヒリ語など、発展しそうな地域の言葉を喋れる男子は、どこの会社も欲しがりますし、リストラにもあいにくい」

グローバル化のなかで言語は最大の武器。しかし英語はかつての付加価値を失いつつあるのかもしれませんね。

今現在、アフリカや中国、東南アジアなどに留学をしている男子は青田買いすべきかも?

2.フリーランサー

「会社=安全の常識が崩れつつあるなかで台頭したのがフリーランサー。
決まった働き先がないため不安定といえば不安定ですが、裏を返せば仕事ができさえすればどこの会社からでも仕事を引っ張ってこれるので、倒産やリストラとは無縁です」

完全出来高制は一般にマイナスに取られがちですが、逆に言えば収入に上限がないということ。家や車をキャッシュでかえるのも、案外こういう人たちばかりだったりしますね。

「フリー」と聞くだけで敬遠せず、儲けていそうなら狙ってみるのもありかも?

3.動画配信者

「あとは、動画をネットで配信して生計を立てている、もしくは立てようとしている人は、将来性は一応あると思います。
なにしろネット動画というジャンル自体が伸び盛りなので、それにうまく乗っかっていければ、ですね」

Youtubeやニコ生などでしょうね。すでに「大物」と呼ばれる人たちはある程度固定されているようですが、かといってすでに飽和というわけではないでしょう。

狭き門ではありますが、一攫千金のチャンスはありです。動画配信者の男子にとりあえず目をつけておきましょう。

4.男優

「一昔前は、アダルトビデオに出る男女は後ろ指さされる存在でした。
しかし今や、女優も男優も、ひとつの芸能人のジャンルとして認知され始めています。ので、今はただとにかく性に強いだけの男子も将来は億万長者かも?」

たしかに、男優さんをテレビや雑誌で見かけることも増えましたね。ちなみにすでにアメリカなどでは、AVの人気出演者は立派なスターだとか。

ただ、そもそもこういった男子と付き合いたい女子がいるのかというデカすぎる問題はありますが……。

おわりに

いかがでしたか?必ずしも、大手企業に入ることができそうな学歴や優秀さが必要とされないものが多かったと思います。

多くの女子が「大手企業に入ってくれそうな高学歴男子」を狙っているすきに、こういった男子をゲットしておくと、将来は一人勝ちできるかも?

ただ、あくまで伸び「そう」な男子ということだけは、お忘れなく……。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事