2015.05.31

沈黙は気まずいっ!エッチのときにBGMをかけたほうがいい理由・5つ

みなさんは、カレとエッチをするときにはなにか音楽をかける派ですか? それともかけない派? もちろんそのカップルの好みですけど、どうやらBGMはかけたほうが、色々といいことが多いみたいですよ。

とくに付き合いたてのころなど、ちょっとまだ緊張してしまう、というカップルにはオススメです。

そこで今回は、実際にカレとするときにはBGMを使っている20代女子20人に「エッチのときにはBGMをかけたほうがいい理由」について聞いてみました。

1.緊張しにくい

「エッチするときってさ、急にお互いに無言になって、なんかめちゃくちゃぴりっと緊張しない? 
私あの空気が苦手なの。だから、ベッドに入るときにはもうなにか音楽をかけておく」(大学生/21才)

たしかに。無音って、それだけで緊張しますよね(笑)。

しかも、エッチがこれから始まるとなればなおさらです。エッチがスタートするまでの気まずい感じを消すのに、音楽はグッドです!

2.声を出しやすい

「始まってからも、ストレートに感じやすいよ。もっと言うと、声が出しやすいかな。BGMで多少かき消されるしね」(公務員/24才)

声を出すのって、やっぱりカレに聞かれるって思うと恥ずかしくなってしまいます。

でも、出したいときには出したほうがもっと気持ちよくなれるそうですので、音楽にごまかしてもらいつつ、いっぱい感情表現しましょう。

3.バレにくい

「あとは、隣の家の人とかにバレにくくなるから、アパート暮らしとかだと助かるよね。壁ドンされるの怖いし(笑)」(フリーター/27才)

ああこれは、ロマンチックな方じゃなくて、昔からの意味での「壁ドン」ですね(笑)。

静かな室内で喘ぎ声とかが出たら、絶対に隣の部屋とかに聞こえてしまいますもんね。これもBGMでうまくごまかせます。

4.リラックス効果も

「あとなんか、音楽を流しながらするとリラックスできるって聞いたよ。
エッチって、感じるだけじゃなくて、こころもリラックスさせられるタイミングだと思うから、いいなと思った」(営業/25才)

あんまりにもガシガシ激しいエッチだと、とてもリラックスどころじゃないかもしれませんけど、ちょっと大人なゆっくりとしたエッチでは、とくにリラックスも目的のひとつかもしれませんね。

たまには音楽をかけながら、いつもよりスローなエッチを楽しんでみては?

5.終わったと気まずくない

「カレがイッたあと、音楽が流れてると、2人で寝転がってなんとなくその音楽を聞いているだけで気持ちいから、『なにか話さなくちゃっ』みたいになりにくいから楽ちん」(美容師/24才)

私はあんまり感じたことありませんけど、エッチのあとにも少し気まずさを感じる女子はいるのかもしれませんね。BGMは、はじまる前から後まで役立ちます!

おわりに

どうでしたか?もちろんBGMのチョイスも重要。雰囲気を壊さずいい感じに盛り上げる曲ですね。センスが問われます。

間違っても『千の風になって』とかを流してしまわないようにしましょうね!

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事