2015.06.02

12星座で導く「あなたの恋愛と結婚」~牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編~

今年も6月に入りました。欧米では古くから、6月に結婚すると幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあり、「ジューンブライド(6月の花嫁)」と呼ばれています。
恋愛して、結婚して、幸せになりたい。そんなあなたに、恋愛と結婚はできるのでしょうか? 恋も結婚も相手次第で変わる部分もありますが、半分は本人の責任です。自分の望みの妨害となる悪いクセをなおして、ベストな恋愛と結婚を実現しましょう!
 ハッピーな恋愛と結婚のための秘訣を、星座別に3回に渡ってご紹介します。

牡羊座の恋愛と結婚

 刺激を求める勝気な牡羊座は、恋にも強気に挑みます。相手に惚れ込んで自分を見失うことを恐れ、好きな人に素直になれず、若いうちは恋をまっとうできないでしょう。年齢と経験を積むことで、洗練されていくタイプです。
晩婚傾向にある牡羊座ですが、自立心が強く、経済的に独立した人も多いため、結婚に価値を見出せないこともあるでしょう。いい意味で力を抜けるパートナーと結ばれ、外で野心を燃やせるスタイルが望ましいのかもしれません。

牡牛座の恋愛と結婚

 人見知りで慎重な牡牛座は、誰かを好きになるにも、そこから恋愛関係に進むにも時間がかかります。金銭的・精神的に懐が大きく、性的な充実を与え、自分だけを愛し尽くしてくれる相手を求め、自らもそれを望み、お互いに相手を所有し合う関係を求めるでしょう。
 奥手な牡牛座は、初交際の年齢が高い傾向にありますが、恋愛がそのまま結婚に結びつき、「交際したら結婚する」という実利的な流れになる傾向が。焦らずマイペースにいきましょう。

双子座の恋愛と結婚

 好奇心旺盛の双子座は、早熟なおませさんタイプ。小中学生時代から異性を意識し、ひと通りの恋愛ステップを経験するでしょう。知的好奇心を満たしたあとは落ち着く傾向があり、愛するというよりも、興味や関心から恋愛するので、後腐れはありません。
 結婚は、恋愛遊びを終えて落ち着いてからがオススメ。好奇心にあおられての若気の至りで後悔の結婚をしないためにも、20代後半以降の恋愛で、自然に結婚を意識できる相手が望ましいでしょう。

蟹座の恋愛と結婚

 強い愛情を持つ蟹座の目には、愛する人のことしか映りません。「恋は盲目」を地で行く恋愛をします。とくに若いうちは、交際相手の影響で考え方や生き方を変えることが多いでしょう。感性の豊かさで多くのものに目を向けられるかどうかで、恋の幸不幸が決まります。
 恋愛から同棲に転じての結婚という流れが多そうです。子煩悩で家族愛の深い蟹座は結婚に向いています。過保護になり過ぎず、視野を広く持つことができればばっちりです!

おわりに

 「私は結婚できますか?」と聞かれることがあります。もちろんできます! 交際することと同様に、結婚する決意を固めましょう。あとは勇気を持ち、ふたりで幸せを築こうと覚悟するだけ。幸せにしてもらおうなんてナシです。

(LUA/ハウコレ)

関連記事