2011.01.06

IEで登録したRSSの情報取得間隔を調整する方法

RSSはニュースサイトなどの更新情報を自動で取得し、簡単に最新ニュースにアクセスできるようにする機能です。これはInternet Explorer(以下、IE)などの各ブラウザが、登録したニュースサイトに更新情報があるかないかを自動で確認することで可能にしています。


ユーザーはこの確認作業の間隔を自由に設定でき、頻繁に更新情報があるか確認したり、週に一度だけ確認すればよくしたりできます。IEは短い場合で15分間隔、長い場合は1週間間隔と6段階で調整できます。

 

ここではRSSの更新確認作業の間隔を調整する方法を紹介します。


ステップ1 インターネットオプションを開こう

IEのメニューにある「ツール」から「インターネットオプション」をクリックします。続けてコンテンツタブの「フィードとWebスライス」から「設定」をクリックしましょう。

 
               

ステップ2 間隔を設定しよう

「既定のスケジュール」にある「間隔」のプルダウンメニューをクリックし、任意の間隔を設定します。問題なければ「OK」をクリックして設定は完了です。

  

     

さいごに

RSS(フィード)は多くのニュース系サイトに実装するサービスです。頻繁に利用するニュースサイトはRSSを活用することで簡単に最新情報をチェックできるようになります。

その際、更新間隔についても自分の必要な間隔に調整しておけば、よりニュースサイトの活用度が高まるに違いありません。見落としがちな設定ですが、RSS利用者はぜひ確認するようにしましょう。

関連記事