2015.06.05

本当にそう思ってる?「セカンドでもいい」女子に考えてほしいこと

好きになった人に彼女がいた……。あり得ない話ではありません。そこであきらめるか、それでもいいからと告白してみるかは、人によって違うでしょう。

「私はセカンドでもいいと思ってつきあい始めたんです。いつか彼が彼女とダメになったら、私ときちんと向き合ってくれるかもしれないし。半年たったけど、彼とはせいぜい飲みに行く程度。普通のデートはしてくれない。
飲みに行って彼の部屋でエッチして、泊まらずに帰る。エッチも手抜きっぽい。わかっているけど、だんだん虚しくなってきて」(22歳/大学生)

セカンドであっても、普通のデートを望む彼女と、セカンドはセカンドと割り切っているような彼。この温度差を埋めることはできるのでしょうか。

1.セカンドとのエッチは手を抜くのか、男性に聞いてみると……

セカンドとのセックスは、彼女とのそれと男性にとっても意味合いが違うのでしょうか。

「彼女とのセックスは、やはり彼女が感じているかどうかすごく気になる。でも、相手がセカンドでいいと言っている女性とのエッチなら、自分の欲求が第一になる。
ちょっとやってみたかった無理な体位をお願いしちゃうこともあるだろうなあ」(26歳)

愛情とは違うところでのセックスになりがちなのかもしれません。

2.セカンドだったら、ちゃんとしたデートはしない

「セカンドでいいからつきあって」と女性が言っているのだから、男性はあまり気を遣おうとはしません。

「私も同じような経験をしました。夜中に呼び出されてセックスして、そのまま自腹でタクシーで帰ったことも多々あります。
3ヶ月くらいで、どうして私がこんな卑屈な思いをしなくてはいけないんだろうと目が覚めました。自分が本気で好きでも、相手にとってはしょせん、“都合がいいだけの女”です。そんな立場で満足する必要はない。
それに気づいて、彼とは会うのをやめました」(24歳/美容院)

好きな人に好かれてない事実を認めるのはつらいけれど、現実をよく見たほうがいいかもしれません。
セカンドは「2番めに好き」ではなく、ただの都合のいい相手に過ぎないのです。

3.本当にセカンドでいいの?

虚しい思いを抱えながら、その彼と会うのはつらくないでしょうか。つらくても、それでも彼を思いきれないのでしょうか。
本当に彼でなくてはダメですか。あなたを思ってくれていない彼であっても……。

好きで好きで、どうしてもあきらめきれないなら、割り切ってつきあう方法もあります。ただ、他にもあなたをあるがままに愛してくれる人はきっといます。

虚しくて自分がかわいそうになるような恋をやめてみたら、きっと別の明日が見えてくるはず。思い切って会うのをやめる決心をしてみては?

4.彼に、「私をどう思ってる?」と聞いてみる

つらいけど、彼が私とセックスしてくれているうちは脈があるはず……。そんなふうに思いたい気持ちもよくわかります。

「私も二股をかけられているとき、自分自身をあきらめさせるつもりで、『私のこと、どう思ってる?ただのセカンドだよね』と言ったら、彼が『うん……。だってオレに彼女にいるの知ってたでしょ』と。
それを聞いて、もうそろそろ自分を解放してあげようと思いました。固執していたのは私自身、自由にしてやれるのも自分自身なんですよね」(23歳/通販)

彼にこうやって聞いてみたら、あきらめがつくかもしれません。この彼女が言うように、自分を自由にしてやれるのは、自分自身だけなのではないでしょうか。

おわりに

最初はセカンドでいいと思ってつきあい始めても、気持ちは刻々と変わります。でも、彼のほうが気持ちに変化が起こらないかもしれません。

ある程度の期間を経て、「こんなつきあい、虚しい」と思ったら、彼との関係を断つチャンスなのではないでしょうか。あなたを第一に考える人と、きっと巡り会えるはずだから。

(亀山早苗/ハウコレ)

関連記事