2015.06.08

湿気に注意!梅雨時期の運気アップ法

梅雨の時期になりました。実は、一番運気に影響があるのは「湿気」。運気の流れを阻害する気を「邪気」と言いますが、この邪気は湿気に集まってきます。まずは家の中の除湿を徹底するために、チェックしていきましょう。恋愛運も除湿ひとつで大きく変わっていきます。「どうも調子がでないな」と感じたときには、家の中の除湿を徹底してみて下さい。

玄関

最も除湿を心がけるべき場所が「玄関」です。玄関は運気の出入り口となるため、ここに湿気があると、運気が入ってくるのを止めてしまいます。靴自体が湿気を持ちやすいことと、玄関に傘立てを置く方が多いので、大事な玄関が靴と傘(傘は乾いていても「濡れている」とみなされます)の湿気でいっぱいになってしまいやすいのです。傘立てを玄関以外の場所に移すことや、靴箱内に除湿剤を置くなどして、除湿を心がけていきましょう。また、除湿剤は水が溜まってきたらなるべく早く、交換するようにして下さい。

お風呂

お風呂は、基本的に湿気が多い場所です。今は浴室乾燥機で湿気を調節できるお風呂を導入されている方も多くなりましたが、この時期は窓があればできるだけ開けて換気を促す、換気扇をできるだけ回す等して、お風呂を利用した後の除湿を徹底していきましょう。入浴後、浴室内で水滴を拭けるところがあれば拭く、お風呂のお湯は抜くかフタをきっちりとする、といったことを心がけてみて下さい。

キッチン

キッチンで大切なのは、洗い物をそのままにしておかないことです。汚れている食器をお水につけて置くことは悪いことではありませんが、それを翌日まで放置しておくとなると、汚れた水の気がキッチンに充満してしまうことになります。その日に使ったものは、その日のうちに洗って片付けられるようにしておきましょう。調理台や流し台に水滴が残っているようであれば、こちらもきちんと拭いてからお休み下さい。

トイレ

トイレは陰の気がどうしても溜まりやすい場所です。窓があれば窓を開けて換気を行うと良いですが、無い場合はできるだけ換気扇を回しておくようにしましょう。トイレ使用後に必ず流すのはもちろんのことですが、トイレのフタも必ず閉めるようにしましょう。また、トイレカバーをすることにより、フタと便器の密閉度が高まりますので、トイレカバーはつけた方が良いでしょう。ただし、汚れがつきやすい場所ですので、洗濯はこまめに行って、しっかり太陽にあてて干すようにして下さい。

寝室

押入やお布団は湿気がこもりやすい場所です。晴れた日にはいつもより早めに起きて、シーツやパジャマを洗濯し、布団をしっかりと天日干ししましょう。午前中に太陽をあてて、布団や寝具に陽の気をしっかりと吸収させることがポイントです。

おわりに

いかがでしょうか。湿気は運気にとってマイナスですが、雨は潤いを与えてくれる大切な天候のひとつです。「雨ばかりでイヤだなぁ~」と嘆くよりも、「恵みの雨」と感謝して過ごしていきましょう。

(生田目 浩美。/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事