2015.06.08

スプーンネイルって知ってる?爪の凹みを見つけた時に思い出して欲しいこと・4つ

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ある日、ふと爪を見たら「えっ?あれ??」気付かない間に凹んでいた、なんてことありませんか?「何これ??病気??」と不安になってしまう方も多いはず。
爪の凹みには様々な原因があります。自分の爪や、家族や友人の爪に凹みを見つけてしまったらいくつかの原因を疑ってみましょう。

爪の根元には大切な組織がたくさん

キューティクルや皮膚に覆われていて中は見えませんが、皮膚の下にある爪の根元には爪をつくる為の大切な組織がたくさんあります。指先をドアに挟んでしまったりすると、皮膚の下にある爪をつくる為の組織が傷つき、変形した爪が生えてきたりする場合があります。
同じように、爪の根元をいじる癖があったり、甘皮周りを強くいじったり、強すぎるマッサージなどを行うと、凹んだり変形した爪が生えてくる場合もあります。
爪の根元はとっても繊細で大切な場所です。
特に、セルフジェルを楽しんでいられる方は、よくわからずに爪の甘皮の処理を無理に行っていないか注意してみましょう。ネイリストの方は「うんうん」と深くうなずいてしまうと思うのですが、簡単に見えるルースキューティクルの除去は、プロであってもなかなか難しい技術です。セルフジェルを楽しむ際も、ケアだけはプロにお任せすることをおすすめします。

ストレス?癖?爪を強く噛み過ぎる

もし、爪の表面に何本もの横線を見つけたら「爪噛み」がないか注意して見るようにしてみてください。強いストレスを感じた際に、無意識に強い力で爪を噛む癖のある方には、爪の表面に歯型の凹みが見られる場合があります。爪表面に、横方向のラインが傷のように細かくついていたり、少し凹んでいるのでわかりやすいかもしれません。自分で気付いたら噛まないように注意してみるようにしましょう。親しい人なら「今噛んでるよ」と教えてあげるのもいいかもしれませんね。

肌荒れによるもの

指周りの肌が細菌に感染して荒れていたり、たまたま怪我をして荒れていたりする場合、生えてくる爪に凹みがある場合があります。爪は、皮膚の角質層が変化してできるものなので影響を受ける場合もありますが、肌荒れが完治すれば爪も凹みなく生える場合が多いようです。

爪全体がべっこり凹む??スプーンネイル

爪全体が反りあがってスプーンのように真ん中が凹んで見える状態を「スプーンネイル」と呼びます。「そり爪」と呼ばれる遺伝的な場合や職業病などによるものもありますし、貧血や鉄分不足が疑われる場合もあります。今までは平らな爪だったのに、急に曲がってきた!という場合は、医療機関で相談してみることをおすすめします。

おわりに

爪は健康のバロメーターです。心の健康も身体の健康も現れやすい場所ですので、自己判断せずに「なんか変?」と思ったら迷わず医療機関を受診するようにしましょう。彼や友だちの爪も時々チェックしてあげてくださいね。

(川上あいこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事