2015.06.05

男ウケ抜群!92%の男性が「エッチしたい!」と感じる女性の●●とは!?

「彼が最近淡白で、思い切ってエッチな下着を買ってみた!」
という方、実は多いのではないでしょうか。

付き合いたての頃は、地味な下着&すっぴんでも押し倒してきたりしたのに、最近はすっかりご無沙汰…という悩みを持つ女性は少なくありません。

そんな時、ついやってしまいがちなのが「彼のために、エッチな下着を買う」。
最近、ネットで紐のような下着を見かけて驚いた筆者ですが、女性の不満を象徴するようにエッチな下着はバリエーションが増えてきている傾向です。

しかし…そのアプローチは危険!やる気満々な彼女の様子に、男性がドン引きしてしまうことも。
女性側も、「逆効果かもしれない」と予感しつつ「賭け」のようにセクシー下着を着る人もいるのではないでしょうか。

実は…、そんなギャンブルをするよりも、ずっと男ウケする誘い方があるんです!

絶対に男ウケするのは、女性の「シャンプーの香り」!

ある研究の結果、「見た目」以上に男性を惹きつけるものがあることが判明したのです。
それは…「香り」!

なんと、「良い香りをかいでエッチしたくなったことがありますか」という質問に92%が「YES」と回答! 
中でも男性ウケが最も良いのは「お風呂上がりのシャンプーの香り」。女の子から優しいシャンプーの香りがすると、自然と「そばにいたい」「くっつきたい」と感じるようです。

また、脳科学者の澤口俊之さんによると、男性は女性から良い香りがすると、女性の顔が良く見えていなくても「誘惑されて」しまうそうです。嗅覚は、五感のなかでも唯一脳に直接働きかける感覚。香りは、無意識のうちに人の行動をコントロールするのです!

男性が大好きな「シャンプーの香り」を身にまとうアイテムを発見!

男ウケ抜群の「シャンプーの香り」。でも、朝にシャワーを浴びても夕方まで香りは続かないですよね。

そこでオススメなのが、LCラブコスメが開発した「ベッド専用香水 リビドーロゼ」!
シリーズ売上が累計30万個も突破しており、。季節ごとに出る限定商品も発売開始後あっというまに完売してしまうぐらい、ファンも多い香水です。

「ベッド専用」の名にふさわしく、男性の本能を自然と刺激し、ベッドタイムを盛り上げてくれる秘密のアイテム。優しいせっけんの香りをベースに、催淫特性があると言われている「イランイラン花油」や、フェロモンを意識した「オスモフェリン」などの香りが緻密に配合されています。

最初に漂うのは、多くの男性が「可愛い!」「そばにいたい!」と感じるフルーティーな優しい香り。そこから、最後まで二人のラブタイムを盛り上げるフローラル系のセクシーな香りに変化していきます。

決してムンムンするような強い香水の香りではなく、ナチュラルなせっけんの香りなので、日常使いにもオススメ。「振り向いて欲しいけどもう一歩!」の男性の前で使うのも良いかも!

「リビドーロゼ」使用者のうらやましいオノロケを拝見!

家を出る前に「リビドーロゼ」を付けてデートに行くと、会うなり香りに気付いた彼。胸元に顔を近づけて、「いい匂い!」とずっとクンクンしていました。彼の家へ行き、「今日もまたテレビを見てだらだらデートかな…」と思っていたら、玄関で急にキスの嵐!そのまま押し倒されちゃいました…!(21歳/はつねさん/大学生)

デート前に「今日はエッチ無理」とメールしてきた彼。なんだか悔しくて、「リビドーロゼ」をうなじに付けて待っていました。効果がなくても仕方ないと諦め半分だったのですが、彼はスーツ姿で帰ってくるなり私をクンクン。「あれ、なんか可愛い匂いするね…」と言って、着替えもしないで私を求め始めたんです!こんなこと初めてで、びっくりしました。(25歳/佳苗さん/会社員)

旦那とのエッチはすっかりマンネリ。変化が欲しくて、「リビドーロゼ」を使い始めました。すると、今まで適当な前戯だったのが、すっかり盛り上がった様子で「可愛いね」「好きだよ」といつも言わないようなセリフまで言うように!私も旦那に会った頃みたいにドキドキできて、最高に幸せです。(29歳/NATSUKIさん/主婦)

モテすぎ注意!「リビドーロゼ」で愛され上手に!

「リビドーロゼ」を開発したLCラブコスメは、女性だけが運営する「セクシャルヘルスケア」のブランド。中でも「リビドー ロゼ」は、シリーズで30万本の実績を誇る大人気商品です。 そのほか、夏だからこそ気になるあそこの臭い、黒ずみ、またははみ出注意のアンダーヘアケ商品など、女性のために考えられた商品をいっぱい扱っています。

自分からベッドに誘うのが苦手な女性も、「リビドーロゼ」の香りの魔法を使えばカンタンかも。「エッチしたい!」という彼の豹変ぶりに驚いてしまう!?

意中の男性以外の前で使うと、勘違いさせてしまうのでご注意を!

関連記事