2015.06.08

「元カレ」50人が語る!男子が「もう無理だな・・・」と彼女と別れたきっかけ・4選

こんにちは、ぽこひろです。
付き合って、別れる。この経験を一度でもしたことがあれば男子はだれでも、誰かにとっての「元カレ」です。

そして、どうやればカップルが長く仲良くいられるかは恋愛における重要なテーマ。
そこで、「なぜ別れてしまったんですか?」という質問に、たくさんの男子に「元カレ」として答えてもらうことができれば、別れにくいカップルの作り方を知ることができるのではと思いました。

実際に2〜30代男子50人に集まってもらい、そのキッカケについて教えてもらいましたよ。

1.ほかの女子を見て「彼女よりかわいい」と思ってしまった

「彼女以外の女子に、彼女以上にときめいてしまった瞬間に、『俺はこのままじゃ終わりたくないんだなー』って思ったんだよね」(美容師/24歳)

いわゆる「年貢の納め時」ということで、男子は「もう恋愛はやめる。この子が最後の恋愛!」と踏ん切りをつける瞬間が来ると結婚を決意するわけです。

しかし、早めの結婚を望んでいない男子の場合だと、これはなかなか来ません。
その前の段階では、「よりかわいい女子」が出現したら終わってしまうかもしれないもろい状態が続いてしまいます。が、これはどうしようもないかもしれませんね。

2.マンネリ

「彼女は安定期って感じていたみたいだけど、俺にとっては倦怠期だった。
退屈で、ほかの女子とかと遊んだりしているうちに、ほかに好きな人ができてしまった」(大学生/20歳)

より深い関係を築くためには、付き合いたてのドキドキ期から、安定期に入っていかないといけません。

が、彼氏と彼女とのどちらかが「まだ刺激的な恋がしたい」と思ってしまうと、それがマンネリになってしまうんでしょうね。

3.セックスレス

「僕はレスですね。完全にレスのせいで別れました。ケンカも増えたし、お互いのことをただの同居人と感じるようになってしまった。やっぱり人間は動物なんですね」(写真家/30歳)

2が「昼の倦怠」だとすると、これはまさしく「夜の倦怠」ですね。これは、社会人あたりの年齢になってくるとみなさんよく言います。
性生活がほぼなくても仲良くしているのは、そもそも付き合いたてのころから少なかったカップルくらいではないでしょうか。

無理にするのは違いますが、なるべく拒んだりしないなどの工夫が必要です。男子は一度でも拒まれると、軽くトラウマになってしまいますから。

4.環境が変わって

「大学時代4年間付き合っていたけど、就職してダメになった。環境の変化を乗り越えるのは大変だね」(金融/25歳)

進学、留学、就職、などなど、人間はなぜだか愛する者と離れる選択をあえてとることがあります。
「これは2人の試練」と思って頑張るのでしょうが、実際にはやはり並大抵の愛情では乗り越えられないのでしょうね。

しかし、もしも乗り越えることができれば、確実にゴールインまでいけそうですね。

おわりに

いかがでしたか?こうやって見てみると、たくさんのカップルの経験の積み重ねによって「別れるキッカケ」というのはある程度パターン化されているとわかりますね。

そういうパターンにはまらないように工夫し続けることが、別れないためのコツかもしれません。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事