2015.06.09

週末に気軽にチャレンジできる!「簡単ファスティングダイエット」

今流行りのファスティング。
酵素ドリンクを購入してファスティングするケースが多いようです。
でも、ドリンクを買わなくてもファスティングはできますよ。
週末等のお休みを利用して、挑戦してみましょう!

ファスティングとは?

ファスティングダイエットは、一定期間食事を摂らないダイエット方法で、断食療法とも言われています。断食期間中は水や酵素ドリンク、野菜ジュース等だけを摂取します。
ここでは、野菜・果実スムージーでおこなう、危険の少ない「3日」「1日」「半日」ファスティング法をご紹介します。

3日ファスティング 例:金・土・日

・木曜日 準備食
胃腸に負担のかからない食事をと摂ります。
揚げ物、肉類、ハム・ソーセージ等の加工品・アルコール・お菓子等は避けましょう。
(ファスティング期間と同じ準備食を摂るという説もあります。)

・金・土・日 ファスティング
朝・昼・晩、野菜や果実のスムージーを摂取します。
外出先では市販の野菜ジュース(100%果汁)を飲みましょう。
食間には水やノンカフェインハーブティー、麦茶等を飲みます。水分補給することで食欲も紛れますし、デトックス効果もあります。
1.5~2リットルを目安に水分を摂ります。

・月・火・水 回復食
お粥等の胃腸に負担のかからない食事を摂ります。術後の病院食のイメージですね。柔らかい食べ物から、徐々に固い食べ物に戻していきましょう。

1日 ファスティング 土曜日

・金曜日 準備食
3日ファスティングと同じ食事内容です。

・土曜日 ファスティング
野菜・果実スムージーで過ごします。3日ファスティングと同じです。

・日曜日 回復食
3日ファスティングと同じです。

半日 ファスティング

朝食のみをスムージーに置き換えます。
昼・夜はいつも通りの食事です。準備食期間もありません。

ファスティングの効果

ファスティング中、身体は既に蓄えられた「糖質」「脂肪」「タンパク質」をエネルギーに変換し、身体維持・活動をおこないます。
断食中のストレスに対抗しようと、様々な機能を活性化させて身体を守ろうとするため、体重減少だけでなく、自律神経調整、免疫力増強、代謝アップ等の効果が現れるのです。

注意点

以下の人にはファスティングをお勧めできません。

BMI18未満の人(エネルギーに変換出来る脂肪が少ない)
持病がある
体調が悪い

さらにファスティング中は、
激しい運動をしない
アルコールは控える
等を心がけます。

最後に

ファスティング時の栄養補給として、米麹で作られた「甘酒」をお勧めします。甘酒スムージーにしてもよいですね。
甘酒は飲む点滴と言われ、ビタミン・ミネラル等を豊富に含む発酵食品。値段もお安く手頃です。
カロリーが高いので、量を加減(一回分50ml程度)してファスティングに取り入れましょう。

また、個人で行うファスティングは自己責任。体調が悪くなりそうなら速やかに中止してくださいね。

(林田玲子/ハウコレ)

関連記事