2011.01.12

大三男子。まだスーツ買ってねぇよ~って笑ってる場合じゃない!失敗しないリクルートスーツの選び方(男性編)

 就職試験に私服で臨む人は、まず採用されません。服装自由とあっても、スーツが基本です。

ジャケットとズボンはセットで無いものを

 必ず就職活動で身に着けるスーツは、上下サイズ違いでも購入OKなお店で買いましょう。既製品のスーツがそのままご自分の体型にフィットすることは、あまりありません。

 

 特に、スポーツに打ち込んでいた人は、例えば、ジャケットがLでもズボンはMと、サイズが違う場合があります。無理に体を詰め込んだり、ゆとりがあり過ぎたりすると不恰好です。

スーツとワイシャツの色

 スーツの色は黒、ワイシャツは白を選べば、大きな失敗はありません。柄物は地味であっても、カジュアルな印象を与えるので、スーツでは避けましょう。

 

            

ワイシャツは白地に地味な色のストライプなどでしたら、構いません。

ワイシャツの選び方

 首と襟の間に、人差し指一本入る隙間のある物がベストサイズです。ピッタリだと緊張した時に、思わず第一ボタンを外してしまいたくなったり、ネクタイを緩めたりしたくなってしまいます。

何度も洗濯をする物なので、型崩れし難い加工が施されたものが便利です。

靴の選び方

 金具など装飾品が付いていない黒の革靴が、フォーマルスタイルの靴です。しかし、就職活動の場合、フォーマルでありながら歩きやすいものが適していますので、本皮で無く軽い合皮の靴が良いでしょう。

            


足に合うものがなければ、色は黒でなく、茶色やグレーでも構いません。

靴下の色

 靴と同じ色の靴下を履いておくと、ズボンの裾から見えた時も不自然さがありません。しかし、毛玉だらけの履き古したものは、だらしのない印象を与えます。なるべく、新しいものを。

ネクタイ

 基本的に、黒と白以外の無地が無難です。地味な色合いでストライプやペイズリー柄なら、失礼に当たりません。

            

キャラクター柄は、そのキャラクターを扱っている会社であっても論外です。

髪型

 耳が出る長さが、清潔感があり好感度も上がります。坊主頭は社則で禁じている会社がありますので、伸ばしてから会社訪問、面接に臨みます。

            

 髪の毛の色は黒がベストです。脱色、カラーリングを社則で禁じている会社もあります。

関連記事