2015.06.11

男子が「元カノのほうがよかったかも・・・」と彼女に感じてしまう瞬間・5選

こんにちは、ぽこひろです。
男子は彼女の「元カレ」という存在が大嫌いすぎて苦しくなってしまう生き物です。
が、これはひょっとしたら女子のみなさんも同じなのではないでしょうか。みなさんも、カレの「元カノ」の存在を憎い、怖い、と思ったことがあるのではないですか?

そしてやはり一番恐るべきは、カレに「今カノより元カノのほうがよかったかも……」と思われてしまうことですよね。
これは悔しすぎます。絶対に思われたくないですよね。なんとしてでも避けなければなりません。

そこで今回は20代男子30人に、「元カノのほうが……」と思ってしまう瞬間について聞いてみました。

1.元カノに怒っている

「元カノの話をちょっとでもしたり、部屋に元カノのグッズが置いてあっただけで激怒してしまっている彼女を見ると、そういうふうに思うかな」(大学生/21歳)

やはり、怒ってしまうというのは負けを認めてしまうことです。
逆に男子からすると「へえ、いい彼女さんだったんだね」と言われると、「こいつはいい女だ……」と思わずうなってしまいます。内心はどれだけ気が気でなくても、ポーカーフェイスが大事です。

2.チャラい

「かなり単純だけど、やっぱ元カノのほうが誠実で一途だったなぁと思うと、後悔的なものはしてしまうよね……」(大学院生/24歳)

元カノが、どれくらいの頻度で男子と遊ぶような人だったのか、それとも彼氏がいる間は男子とは2人きりでは絶対に会わないタイプの人だったのか、そういった部分も含めて、元カノに勝てるのが理想ですね。

3.身体の相性

「セックスの頻度とか、好きな体位とか、そういったもの全部含めて、どっちとセックスするほうが好きか、この勝ち負けが大事だと思う」(美容師/25歳)

とはいえ、こればっかりは運というか、どうしようもない問題なんですけどね。
相性がよければ喜べばいいですし、逆にそこまでよくなくても「仕方ない」と開き直るほかないでしょう。

4.笑うことが少ない

「たまにふと『元カノといたときは毎日笑ってたなー』とか思い出してちょっと後悔。今カノには内緒だけどね……」(営業/26歳)

笑うって、もちろん楽しいだすけどそれだけじゃなくて、癒やしだったり幸せだったりを感じられる瞬間ですよね。友達も、一緒にいて一番笑える相手を選びます。
付き合う段階で、一緒にいてたくさん笑える人を選ぶことは大事です。

でも、最初は笑いのツボが違っても、一緒に過ごすうちにツボが重なってくることもあるので、悲観することはありません。

5.あまり母親に好かれていない

「母親に『私は正直、前の子の方が好きかな』って言われたの。
別にそんなの関係ないってわかってるんだけど、こびりついて離れないんだよね……」(公務員/27歳)

お母さんというのは、世界で一番カレを見続けてきた「異性」です。なので、カレの最適のパートナーを見極められるのかもしれませんね。
母親、おそるべし……。

おわりに

いかがでしたか?努力でなんとかなる部分、どうにもならない部分もありました。
もちろん元カノに勝てたらそれはそれで一番いいですが、もう終わったことであるのには変わりがありません。

カレと付き合い続ける。このことは、「元カノ」が唯一成し遂げられなかったことです。みなさんはこれを目指しましょう。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事