2015.06.14

彼ママの好み知ってる?彼ママに会う日のネイル対策いろいろ

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。彼ママに会う日のネイルって悩みませんか?付き合いも長くて、彼ママの好みもわかっていればあまり心配もいりませんが、まだ数回しか会ってなくてお互いによくわかっていない場合だと、何もしない方がいいのかキチンと手入れしていった方がいいのかちょっぴり悩むもの・・・
今回は「彼ママ世代」のお客様30名に施術しながらアンケートを取ってみました!
彼ママに会う日の際の参考にしてみてくださいね。

「舐めてるのかな?」と思った

「ネイルが伸びきっててね、だらしない子がいたのよ。ジェルネイルの根元が半分くらいまで伸びててね。だいぶ前から家に遊びにくる予定にしてたのに、何も余所行きになってないというか。私は一応、お洋服も考えて爪も失礼がないようにしたのに。その辺適当なのがなめられている気がして嫌だったわ。」(50代彼ママ)

ジェルネイルに慣れたママだと、どのくらいお手入れをしていない爪なのかはっきりとわかってしまうので要注意!結婚するまではよそ様のお家でもある彼の実家。旅行の前に爪を新しくするように「来る用意をしてきました」という爪の方が好感度がUPするようです。

自分でやったのか汚いネイルだった

「はみ出してたり欠けてたりとにかく汚いのは嫌。だったら何も塗ってない方がいい。」
(50代彼ママ)

濃い色ははみ出しや欠けが目立ちます。ジェルネイルも表面の凸凹が光の加減で目立ちやすいです。あまり上手に塗れない場合は外していった方が良さそうですね。

同じ好みだとわかって嬉しかった

こちらは、いつも色を塗らずにケアだけにいらしてくださるお客様に多かった答えです。
「色を塗るのは好きじゃないから、いつもケアだけはしているけどね、息子の彼女も同じようにケアだけしてあったの。プロのお手入れって見るとわかるじゃない?我が家に来る為だけにそうしたのかもしれないけど、ネイルケア好きなの?て話題が楽しかったですよ。」
(60代彼ママ)

偶然だったのか、息子さんにリサーチしたのかはわかりませんが、同じものを好む仲って女性同士だと盛り上がりますよね。

毎回褒め合って高め合う二人

「結婚前から爪が派手な子だったんだけどね、毎回色んなデザインで楽しいの。私もジェルネイル好きだから、彼女が来る日は新しいジェルネイルにして、いくらだったとかどこでやったとか見せっこするの楽しいわよ~」
(50代彼ママ)

もうすぐ、息子さんもご結婚されるママさん。彼女はお嫁さんになるわけですが、ネイルの情報交換は続けて行きたいそうです。

番外編「ネイルは全く興味ないけど」

最後は、ネイルに全く興味のない友人の意見を。
「私は興味ないけど、好みはそれぞれだから清潔にジェルネイルとかマニキュアしてるのは気にならないかな。ただ、魔女みたいな爪とか原色とか蛍光カラーは引く」
(40代彼ママ)

おわりに

彼ママの好みも様々なので、彼にお母様の爪の様子をリサーチしておくか、最初はシンプルにして行って彼ママの反応を見るのが正解のようですね。ちなみに、筆者も大学生の子供のママなので、その内に、多分、きっと、願わくば!「彼ママ」になれると思うのですが(そう願いたいのですが)全く何もしていないよりは、身だしなみとしてネイルはしておいて欲しい派です。職業によって出来ない場合もありますが「女性であることを楽しんでいるなぁ」と思える子がいいなぁ、おしゃれの情報交換をできる関係が嬉しいなぁ、と妄想を広がらせて今回は終わりにしたいと思います。

(川上あいこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事