2015.06.14

カップルの金銭事情に迫る!「ココは俺が出すよ」に隠された本音・4選

恋人間の食事代などのお金に関するトラブルや悩みって尽きないですよね。
「食事代は彼氏が出すもの」という風潮がありますが、彼ばかりに負担をかけさせたくないですもんね!

でもデートのときは決まって「ココは俺が出すからいいよ」といってくれる彼。
甘えていいのか、果たして自分も出したほうがいいのか困る一瞬でもあります。そこで、今回は「ココは俺が出すよ」に隠された彼の本音をまとめて見ました!

1.等価交換

「彼女が密かに化粧品にお金をかけて、俺の好みの化粧をしてデートにきてくれるからそのお返しってワケじゃないけど・・・。感謝の意をこめて(笑)」(26歳/出版)

「いつも大体原宿や渋谷にデートで行くことがおおいんだよね。でも俺は定期券内だからお金かかっていないけど彼女は定期券外だからいつも交通費をかけてきてくれるんだ。
だからその分として出せる時は俺が出すようにしているよ」(22歳/学生)

彼は口でこそ伝えてくれないですが、彼女の頑張る姿に感謝しているはずです!
彼が食事代やプレゼントにお金をかけてくれるのは、あなた自身の頑張りのおかげかも知れません。
これは時間が無かったからといって、オシャレをないがしろには出来ないですね!

2.給料日後で余裕がある

「給料日後何週間かは手持ちのお金に余裕があるから、出せるところは出してあげたいよね。なんてったって彼女だし!友人なら金があっても折半でしょ(笑)」(21歳/学生)

彼が羽振りの良い日は、思い返せばだいたい給料日後のお財布が潤っている時期に多かったりしませんか?

「なーんだ、お金に余裕があるから奢ってくれているだけか」なんて肩を落とす様なことはしないで!「日々労働して稼いだお金を一番に彼女に使いたい」という彼の愛の叫びを見落としちゃだめですよ!

3.人前で格好つかない

「やっぱお金払う時に店員の前でも彼女の前でも格好つかないじゃん?
俺がバイトでレジやる時、カップルの彼女がお金出していたら彼氏のことヒモだと思っちゃうもん(笑)」(22歳/学生)

そこまで考えてレジをしている店員はなかなかいないと思いますが・・・。結構人目を気にしちゃう彼なのかもしれません。

レジに行く前にデーブルで自分の分のお金をこっそり渡せると、奢られっぱなしの状況を打破できるかも!

4.半分は建前

「一応建前上「俺が出すよ」って言っておかないとね、男だし(笑)
まあそれで素直に受け取って俺が全額出すのはいいんだけど、毎回は困るかな。流石に何回目かは「私も出すよ」みたいに出して欲しい。」(21歳/学生)

実は本音100%の「俺が出すよ」ではないかも知れませんね。

端数の分はあなたが出したり、たまには奢ってあげたり出来るといいかもしれません。彼の言葉に甘えてばかりだと、彼の資金も愛も尽きちゃうかも!

おわりに

「彼女のために出してあげたい」という男性がおおいようですね!彼が「ここは出すよ」と言ってくれるのであれば素直に甘えてしまっていいのかもしれませんね。

他の場面で彼にしてあげられることができれば「甘えっぱなし」とは思われないでしょう!

(佐久間 優/ハウコレ)
(島村 遥/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事