2015.06.14

もしかして私たち破局してる?あなたとは「もう終わっている」彼氏の行動・4選

こんにちは。森もり子です。
最近、芸能ニュースを騒がせている有名人の破局問題。「まだ終わっていない」「もう終わった」となんだか大変そうですね。

しかし、これは他人ごとではありません。男女の関係は、はっきりとした別れの言葉が無くても終わってしまうことが多々あるのです。
どちらか一方が「この交際は終わった」と思えば、あなたが「終わっていない」と思っていてもその恋愛は終わりです。

もしかして、あなたはもう彼と破局しているんじゃないですか?大丈夫ですか?

ということで、一方的にあなたとの関係を終わらせた彼氏がとりがちな行動を4つ挙げてみました。当てはまるようだったら、あなたはもう、一人なのかもしれません。

1.記念日が近づいてきても連絡がない

彼が忙しくて連絡をくれないことは、たまにあるかもしれません。
しかし、以前まで一緒にお祝いしていたクリスマスや誕生日が近づいても連絡もない場合、彼はもうあなたのことを恋人として見ていない可能性があります。

一人で寂しい記念日を過ごすことになる前に、彼との関係をはっきりさせましょう。

2.飲み会の投稿が増えた

Facebookに毎晩のように飲み会の投稿がされているようだったら、自分の破局を疑ってみたほうがいいでしょう。
彼はあなたと別れた解放感から、たくさんの飲み会の予定を入れている可能性があります。

彼はもう飲み会で新しい彼女候補を見つけているかもしれません……。

3.大きな変化を教えてくれていない

知らぬ間に彼が転職したり引っ越しをしたりしている場合、あなたはもう彼にフラれている可能性があります。
あなたのことを「大きな変化を伝えるほどの間柄では無い」と思っているのですから。
そもそもあなたと離れるために、職場や住居を変えたのかもしれません。無念です。

4.SNSの繋がりがなくなっている

気づくとTwitterのフォローが外れている、facebookの友達じゃなくなっている。そんなときは、あなたと彼はもう他人になってしまったのかもしれません。

LINEもブロックされているようだったら、もう諦めましょう。残念ながら、別れ話をせずにいきなり連絡を断って関係を終わらせるタイプの男性は一定数いるのです。

おわりに

いかがだったでしょうか?
彼の行動があてはまっていたら、二人の関係をはっきりさせるために「もしかして私たちって別れてるの?」と聞いてみましょう。
「え?もともと付き合ってないけど……」と言われるはずです。

(森もり子/ハウコレ)

関連記事