2015.06.18

利点多し!「一人暮らし男子」を彼氏にするメリット・4つ

一人暮らしって、メリットもデメリットもありますよね。
誰にも干渉されず好き勝手やれる気楽さの裏に、疲れて帰宅しても誰も迎えてくれない寂しさ。

しかし、「一人暮らし男子」を彼氏にするのは、実はメリットだらけなんです!早速一人暮らし経験のある男性へのヒアリングを基にお伝えします。

1.おうちデート・近所デート

「家デートはもちろん、近所も手つなぎで堂々と歩ける。俺の部屋でDVD見てたら、『お腹すいたー!』って彼女が言うからさ。
ジャージでふらっとコンビニ行って、そのまま夜の公園を散歩したり。家族がいちゃあ、絶対こんなことできないだろ?(笑)」(21歳/大学生)

実家暮らしだと家族や近所の目線が気になってしまい、なかなか「2人だけの甘い空間」とはいきません。

家族の生活リズムを無視した勝手な行動もとれないので、「今から俺んち来いよ」なんてお誘いもなかなかありません。

彼が一人暮らしなら、自由な時間に、後ろめたい気持ちもなく2人きりの時間を満喫できます。
おうちデートを重ねることで、彼の、そしてお互いの一人暮らしの寂しさも吹き飛んでしまうことでしょう。

2.メンタル最強

「俺は大学入学と同時に九州から上京したんだ。親の援助はありつつも自分で未来を切り開いてきたっていう自負と、一人でちゃんとしなきゃっていう責任感と、何かあっても助けてくれる人が近くにいないっていう不安と、いろんな感情になったもんだよ。
今ではすっかりそういうの乗り越えて、随分強くなったし成長したなあって、自分でも思う」(24歳/商社)

気持ちの面では、一人暮らしを経験している男性の方が確かに頼もしい印象があります。

状況にもよりますが、進学でも就職でも「家から出る」という決断を自ら下したわけなので、自立心は比較的強いはず。

些細なことではへこたれず、人を頼る前にまず自分一人で何とか解決しようとする、そんな強さを兼ね備えていると言えます。

3.あくまで「半同棲」

「完全な同棲じゃないとこがいいよね。僕の元カノは実家暮らしだったけど、親と喧嘩する度に大きな荷物抱えては僕の家に来て、2~3日で実家に戻ってった。
泊まってくれるのは嬉しいけど、毎日一緒にいるとちょっとしんどいし、これぐらいがちょうど良いなって思ってた」(23歳/インフラ)

いくらアツアツなカップルでも、やはり自分一人の時間や友達との時間も欲しいもの。そういうバランスがとれている方が、関係もうまくいきやすいでしょう。

個人の時間を大切にしつつも、二人での時間も自由に選べる、この「ちょうど良さは」一人暮らし男子ならではの魅力ですね。

4.結婚生活のイメージ

「外で会ってばっかりだと、人って基本良い所しか見せない。今の恋人と結婚したいって少しでも思うなら、一人暮らしの男子と付き合ってじっくり見極めるといいんじゃないかな。
ほら、きちんと家事やれる人かどうかとか、食生活はどうかとかさ」(22歳/流通)

一人暮らし男子の家に上がって目にする様々な光景は、将来もしも生活を共にするとなると、意外と重要になってくることばかり。

例えば、部屋が散らかり放題で整理整頓ができない人なら困りますが、行き過ぎた潔癖症でも困る。暑がりか寒がりか、食費はどうしているのか、ブランド好きなのか、逆に貧乏くさいのか…などなど。あまり詮索しすぎても怪しまれてしまいますが、サラッと確認しておく良い機会でしょう。

おわりに

実家暮らしだから駄目だ、なんてことは決してないのですが、恋人と2人になれる時間を確保しやすいかどうかは、若いカップルにとってはかなり大きなポイントだと思います。

また、プライベートな面も含めて好きになれれば、その後も安泰な可能性が高いでしょうね。

(成瀬いづみ/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事