2015.06.20

男子が「別れようかな」から「やっぱ大好き!」に心変わりした彼女の言動・4つ

どんなカップルでも、付き合っているうちにどちらかが冷めてきちゃうことってあると思います。これは避けられません。
逆に言えば、そのピンチを乗り越えてこそ、いつまでもラブラブでいられるカップルになれるというわけです。

みなさんは、「最近カレ、私に冷めてるかも……」と感じたらどうしますか?
今回は、20代男子30人に「『別れようかな〜』から『やっぱり大好き!』に心変わりしたキッカケ」について聞いてみました。これを参考に、みなさんもこのピンチの切り抜け方を考えてみてください。

1.「どれだけ好きか」改めて言ってくれた

「単純だけど、ストレートに『好き』って言ってもらえるとけっこうグッと来るもんだよね〜」(大学生/21才)

たしかに、付き合う前とかでもそうだけど、異性から好きと言ってもらえると、その異性のことが気になり出すってよくありますよね。
そしてこれは、付き合った後でもそうなんでしょうね。

2.エッチが気持ちよかった

「かなり下世話だけど、久々にした彼女とのセックスがすごく良くて、『やっぱ別れたくないわ』って思ったことは一度じゃなくある」(営業/25才)

男子は、恋愛感情と性欲が女子よりも強く結びついているみたいなんですね。なのでこれは否定できないのかも。

また、そもそも冷められないためにも普段からエッチを充実させておくことは大事です。

3.友達に「彼女かわいいね」と言われた

「彼女の言動ではないけど、友達に『お前の彼女可愛くね?』とか言われると、途端に『こいつとは絶対に別れたくない!』って気持ちが超強くなる」(大学生/22才)

これはほとんどの男子が賛成しました。やっぱり、自慢の彼女は誰だって失いたくないんですね。

カレの友達に手伝って、そういうシチュエーションを作るのもいいかもしれません。

4.相談に乗ってもらえた

「彼女に対して気持ちが冷めてる時期に、ちょうど仕事の壁にぶつかった。
ほかに相談できる人いないから彼女にしたけど、そしたら思いのほかいいアドバイスもらえて、なんか人として尊敬できて一気に好きな気持ちが再燃した」(企画/26才)

これはちょっとレアなケースかもしれませんけど、こういう思いがけないところから気持ちが復活することもあるんですね。

好きなカレに対して、彼女なりに一生懸命頑張り続けた成果かも?

5.デートが最高に楽しかった

「別れようかなーって思うひとつの原因って、デートとか会ったときの刺激がなくなることじゃない? 
俺は彼女とディズニー行って、それが超楽しくて、また付き合い続ける覚悟ができたわ」(公務員/27才)

毎回同じような場所で同じようなことだけするデートを続けていると、気持ち自体も盛り下がってくるというのはありがち。

なので、たまにはお金を奮発してちょっと贅沢なデートとかをして、マンネリ防止をすることは重要なんです。

おわりに

どうでしたか?
男子の彼女に対する気持ちは不安定で波があります。なので一度くらい「冷め期」に入ってもがっかりせず、これらのテクで巻き返しを図りましょう。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事