2015.06.21

ナゾの責任感!?彼が「エッチに誘わなきゃ」と焦っちゃう瞬間5選

男子はじぶんがしたいから女子をエッチに誘うということももちろんありますが、エッチに誘ったほうがいいのかなと、女子に気遣いをしつつ誘うということもあります。

このへんが「男の勘違い」となれば、女子からのブーイングに……ということになりますし、誘わなかったり誘わなかったで、めでたく「ヘタレ男子」の称号をいただいてしまったり……まあ要するに男として面倒なことになります。

今回は、彼が「誘わなきゃ」と焦っちゃう瞬間についてお届けしましょう。

1.デートのあとに予定がないと聞いたとき

「デートのあとに予定がないと聞いたとき、『エッチに誘ったほうがいいのかな』と焦ります。だって『予定がない=お泊り』みたいなものでしょ?」(24歳/IT)

こういう焦り方は、男子の定番かもしれません。エッチに誘ってもらいたくないときは、デートのあと予定があるから◯時には帰りたいと、ハッキリ言ったほうが得策でしょう。

2.気合いの入った洋服でデートに来たとき

「気合いの入った洋服でデートに来た彼女を見ると、今日はエッチに誘ったほうがいいのかなとアタフタします」(22歳/大学生)

デートのあとで女友だちに会うから気合いの入った洋服を着てきた場合でも、男子はそうは思わないことのほうが多いものです。

俺のためにいい洋服を着ているのか……ということは下着もいいやつ?ってことは今夜は……みたいな思考回路を持つのが男子でしょう。

3.下ネタで盛り上がったとき

「デートのとき下ネタで盛り上がったら、今夜はエッチに誘ったほうがいいのかなと焦ります」(24歳/飲食)

こちらも男子のおおいなる勘違いのポイントでありつつも、男子が誠実さ100%で焦りまくる瞬間だと言えます。これだけ下ネタにノってきているんだから誘わないと失礼だろう、というのが男子の思考回路です。

だから「用のない男」の前で下ネタにノるのはよしたほうがいいということです。

4.彼氏がいない期間が長いと知ったとき

「会話の流れで、彼女が『2年間彼氏がいない』とか言おうものなら、僕はエッチに誘ったほうがいいのだろうと思います」(25歳/人材紹介)

男子って男子的な思考回路しか持っていないので、「2年間彼氏なし=エッチしていない=俺が満足させてあげないと!」くらいにしか思わないのだろうと思います。

彼氏がいなくてもエッチしている女子もいれば、元カレと愛がない期間が彼氏がいない期間であり、その間に愛のないエッチをしている女子だっていますが、そういうのは男子的には考慮に入らないのです。

5.楽しそうに酔っているとき

「僕の前で楽しそうに酔っている女子を見ると、今夜はエッチに誘わないと失礼かなと思います」(26歳/建築)

彼とエッチしたいときは、ウソでもいいので楽しそうに酔ったふりをする。
したくない日は、酔っていないふりをする。こういうわかりやすいサインこそが、男子の望むところでしょう。

おわりに

いかがでしたか?男子って、じぶんがしたいからエッチに誘うということももちろんありますが、気合いの入った洋服でデートに来るなど、女子の「影での頑張り」をひそかに見つつ、彼女のことを「正しく」評価してあげないと! くらいのことは思っていることもあります。

この「正しく」の判断を誤ることも多々ある男子ですが、微笑ましくないですか?

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事