2011.01.18

IEは覚えてます!IEの履歴を検索対象に、過去にアクセスしたWebサイトを開く方法

インターネットを利用していると、「以前に訪れたサイトだけど、どうやってアクセスしたのか忘れてしまった」というケースを、誰でも一度は経験したことがあるでしょう。関連するキーワードを入力し、それらしいサイトをもう一度探し出すのは非常に手間です。

 

こうした状況に備え、Internet Explorer(以下IE)は過去に訪問したWebサイトの情報を保持し、これを呼び出すことで、一度訪れたサイトへ容易にアクセスできるようになっています。IE Ver8以降は、この過去の履歴を対象とした検索機能を装備し、検索キーワードを使って該当する履歴を洗い出すことが可能です。

 

ここではIEの履歴を対象とした検索方法を紹介しましょう。

           

STEP1 履歴専用の検索窓を表示しよう

IEを起動し、「履歴」のプルダウンメニューから「履歴の検索」をクリックします。

 

STEP2 検索窓に関連するキーワードを入力しよう

検索窓に探しているWebサイトに関連するキーワードを入力します。「今すぐ検索」をクリックすると、検索結果として履歴の中からそのキーワードを含むサイトがピックアップされます。下図では「レシピ」とキーワード入力し、それに該当するWebサイトが下に表示されています。

 

キーワードはWebサイトのタイトルはもちろん、Webサイトの中に書かれている文章も対象となります。

                

 

 

さいごに

これまでIEが「履歴」を蓄えていたとしても、それほど活用する機会は多くなかったと思います。しかしこの履歴検索機能により、履歴から簡単に該当のWebサイトを見つけることが可能となります。


情報収集として多くのサイトを閲覧する人は、ぜひこの履歴検索機能を活用してみてはいががでしょうか。

 

 


 

関連記事