2011.01.17

飽きない!ねむくならない!オールナイトカラオケを10倍たのしむ方法

朝までカラオケパーティ! 時間はたっぷりありますので、いつものようにただ歌うだけではだんだん飽きてきてしまいますし、後半になるにつれ歌のレパートリーも尽きてきてしまいますよね。


さてそこで、ちょっとしたルールを作って楽しんでみましょう!

 

うろ覚え大会

きちんと覚えていない曲・いまひとつ歌いこなせない曲を、いかにも知ったような顔で歌い上げましょう。曲を知っている人達の前で、ところどころ勝手に作曲してみたりして、あえてウケを狙います。

闇ナンバー大会

曲の予約をする時、番号を適当に打ち込み、出てきた見ず知らずの曲を、【うろ覚え】と同様に、とにかく最後まで歌い切りましょう。

ポイント勝負

その日の支払いを賭け、ポイントを競い合いましょう。

しかし、採点機能を使うのでは、もともと歌の上手いひと・そうでない人で不公平が生じてしまいますね。


そこで、歌の後に【消費カロリー】が表示される機械を利用して、消費カロリーの合計が最も多かった人を勝ちとします。勢いのある曲・ノリのよい曲のほうが消費カロリーは高いので、当然そういった選曲が増え、場が盛り上がりますし、歌う曲数を同じに揃える必要があるので、マイクを独占してしまう人も出ず、皆、公平に歌うことができます。

 

WINNERはその日の支払いをしなくてよい・他の人で割りカン、とすれば皆必死になり、盛り上がるでしょう。

テーマを決める

1時間ごとにテーマを替え、それに沿って選曲をしましょう。

例えば、【ドラマ主題歌】、【曲(またはアーティスト)の頭文字限定】、【K-POP】、【英語曲】、【懐かしのアニソン】…などなど、テーマをいろいろ考えてみましょう。人の意外な一面が見えてくるかもしれません。

曲タイトルしりとり

曲のタイトルの末文字を継いで、次の選曲をします。前の人が歌っている間に、曲を選ばなければならないので、時間制限もありゲーム性は満載です。


曲選びが間に合わなかった場合、そして、タイトルの最後に『ん』が付くもの、きちんと歌えない曲…は負け、として、負けた人のための罰ゲームを用意しておくと、さらに盛り上がります。

関連キーワード

関連記事