2015.06.25

「我慢できない…イっちゃう!」彼が夢中になる「モテ膣」の作り方とは!?

突然ですが、あなたはアソコの「締まり」に自信がありますか!?

「エッチの時、彼の反応がいまひとつ薄い…」「なんだか盛り上がらない…」と感じていたら、それはあなたの「膣圧」の原因かも!

荻原 かおる先生の書籍「ちつ☆トレ」によると、女性の膣まわりは骨盤底筋群という筋肉で、その筋力は「膣圧」に影響します。つまり、鍛えなかったり、加齢によって筋力が退化することで、エッチの際に相手が「ゆるく」感じてしまうこともありそうです。

衝撃!男性の本音「彼女のアソコについて、正直気になることは!?」

「初エッチの時、あまりのユルさに驚きました…清楚系だと思っていたのに、実は遊び人なのかも…」
「彼女の締まりが悪くてなかなかイケないことを伝えたら、俺のアソコが小さいからだとキレられました。」

実際のところ男性が挿入したときの「締まり」の違いを感じているのは事実。それだけでセックスが「気持ちいい」「気持ちよない」と判断している男性もいそうです。そして、セックスの相性がよくないことが原因で、別れてしまうカップルも少なくありません。愛し合う二人にとって、セックスは大切なコミュニケーション。そしてお互いに、もっと気持ちよくなりたいのが本音。そのためには、いつまでも彼をトリコにする「モテ膣」を意識して作るちょっとした努力が必要です。

「モテ膣」を最も手軽に&最短で作る方法は…ウワサの「膣トレ」!

最近もっぱら噂の「膣トレ」をご存知でしょうか。彼とのセックスを大切にしている女性は、こっそりやっている秘密のトレーニングです。

膣は筋肉でできていますので、他のカラダの部分と同じように、トレーニングをすることで締まりを手に入れることができるのです。

そこでオススメなのが、「膣トレ」のおすすめアイテムであるLCラブコスメの「LCインナーボール」!
使い方は簡単。ひょうたん型の小さなボールを膣に入れ、落ちないようにキュッとキープをします。

一日10分程度のトレーニングを数回するだけで、膣への力の入れ方が分かるようになります。さらにトレーニングを続けることで、常にキュッと締まった「モテ膣」を手に入れることができるのです!

LCインナーボール」は、医療器具にも使用されている「エラストマー素材」を使用して作られています。独特なソフト感を持ったシリコンで、初めて膣トレに挑戦する女性も安心して使用することができます。

【使用者の喜び声】彼が「あっ…もう動かないで…イッちゃう…」と涙目に!

●「LCインナーボール」でトレーニングを始めてから、エッチの時ほんの少し動くだけで彼が「あっ…ちょっともう動かないで…イッちゃう…」と言います!私もそんな彼が愛おしくて、じーんと痺れるように中でイケるようになりました…!(ririさん/26歳/会社員)

●この歳からではもうムダなんじゃないか…と半信半疑で「LCインナーボール」を使い始めましたが、最初の数回で驚くほどの実感が!ボールをキープするだけで、自然と膣に力が入る感じ。繰り返しているうちに、ボールを入れなくても力を入れられるようになりました。もっと早くから始めればよかったです!(早苗さん/41歳/主婦)

LCラブコスメの「膣トレ」アイテムで、理想の「モテ膣」に!

LCインナーボール」を開発したLCラブコスメは、女性だけで運営されている「セクシャルヘルスケア」の専門ブランド。アソコのニオイ、乳首の黒ずみ、アンダーヘアの処理など、女性が誰にも言えない悩みをケアしてくれる、女性専用のブランドです。

LCラブコスメが開発した「膣トレ」グッズは、じつはもう一つあります!
それが、アソコのニオイや締まりをケアしてくれる「LCジャムウ デリケートパック」。

ジェル状の「LCジャムウ デリケートパック」を塗り、3分ほどパック。最後はキレイに洗い流します。そうすることで、気になるオリモノの臭いをさっぱりと洗い流してくれるだけではなく、キュッと吸いつくような締まりを手に入れることができるのです。自分のデリケートゾーンの臭いや締まりに気になっている方は、ぜひおすすめします。

【使用者の声】前戯の少ない彼が、ずっと私のアソコを…
●彼は前戯が少なく、雑なのが悩みでした。でも「ジャムウ デリケートパック」でケアをするようになってから、「hiroのアソコおいしいね…」と言ってずーっとクンニをしてくれます!私も自信が持てるようになって、エッチでたくさん感じるようになりました!(hiroさん/23歳/会社員)

「LCインナーボール」&「LCジャムウ デリケートパック」を使った「膣トレ」の所要時間は、一日たったの10~15分。今からなら、夏本番に間に合います!短時間で彼も驚く「モテ膣」を手に入れて、彼に「今日ヤバいかも!」「すぐイキそう」とキメ台詞を言わせちゃいましょう!


関連キーワード

関連記事