2015.06.28

梅雨こそオススメ!男性が水族館デートを好きな理由

みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

「どこでデートすればいいのか?」、男性にとっては悩ましいテーマであり、相手女性の好みをイメージしながら、さまざまなプランを考えているものです。

基本的に男性たちは、「ここへ行きたい」と提案してもらえた方が気楽なのですが、なかでも女性から言われてうれしいのは水族館。
男性たちは女性が思っているよりもずっと水族館デートが好きなのです。

今回は男性たちが水族館でデートしたがる理由を挙げていきます。

1.アクセスがよく暑さも雨も心配なし

デートの約束をするとき、男性がまず考えるのはアクセスと天候。電車にしろ車にしろ、水族館はそれほど住宅街から遠くない場所にあるため、アクセスの心配はほとんどないと言っていいでしょう。

さらに、午後から出かけても十分間に合う水族館も多いので、デートの計算が立ちやすく、男性たちはホッとします。

また、雨や暑さの影響をほとんど受けないのもポイントの1つ。天候によるプラン変更の必要性がなく、汗をかいて臭くならないなどの失敗がありません。
疲れたら気軽に座れるなど、女性のエスコートが簡単なのも、男性にとっては助かります。

2.お金と会話のネタに困らない

水族館デートは、男性が気にするコストパフォーマンスの良さでも申し分なし。長時間楽しめる快適な空間であるにも関わらず、2000円前後で済み、追加金額もほとんどなし。

ランチやドリンク、スイーツなども他のアミューズメント施設より安いなど、男性にとってお金を気にせず遊べるのは大きなメリットです。

また、会話のネタに困らないのもポイント。展示物の数だけネタがあり、ショーやショップなども含め、見ているだけでも間がもってしまうのは、「こっちが会話をリードしなければ」と思いがちな男性の心を楽にしてくれます。

3.ショーに喜ぶ彼女の姿が見たい

3つ目の理由は、彼女との距離感とリアクション。水族館デートでは、基本的にずっと横に並んで歩くため距離が近く、一緒に同じガラス窓をのぞき込むときなど、顔がグッと接近します。

また、薄暗い空間もあり、手のつなぎやすさなどのスキンシップも含めて、男性たちはデートらしいドキドキが感じられると思っています。

“海の生き物を見ているときの彼女”も、彼にとっては楽しみの1つ。
男性は彼女のうれしそうな笑顔や「かわいい!」「おもしろい!」などのリアクション、さらにショーを見て喜ぶ姿を見たいと思っているのです。

4.ディナーとその先に誘いやすい

交際前の男性にとって大きいのは、水族館を出たあとの導線がスムーズなこと。
夕方の閉演時間に水族館を出て移動したらちょうどディナーの時間であり、自然な形で誘うことができます。

そしてここからは男性の妄想。「水族館で仲良くなって、ディナーでいいムードになって……どちらかの部屋に行けるかも」と考えてしまうのが男の性なのです。

もちろん誘いに乗るかは女性次第。男性に妄想を抱かせた時点で、あなたが主導権を握っているので、自分の気持ちで決めればいいのです。

見た目以上に楽しんでいる

4つの理由を見てどう感じたでしょうか。自分から積極的に「水族館に行こうよ」という男性はそれほど多くないかもしれませんが、内心はこのようなことを感じているのです。

一緒にいる時間が長い割に会話が少ない映画。好みや遊び方がハッキリ分かれがちな遊園地。
時間もお金もかかるプチ旅行などよりも、距離が縮まりやすく、ハードルが低いのは間違いありません。

最もオススメなのは、出会ったばかりから交際1年未満のカップルですが、基本的に年齢を問わず多くの男性は、水族館デートが嫌いではありません。

男性たちはあまり乗り気に見えなくても内心楽しんでいるので、あなたから「水族館、行こうよ」と声をかけてみてはいかがでしょうか。

(木村隆志/ハウコレ)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事