2015.06.30

【職業別恋愛事情】女性から憧れの仕事「ネイリスト」編

女性がなりたい職業として人気のあるネイリストですが、その恋愛事情はどうなのでしょうか。
最近は男性向けのハンドケアも増えてきましたが、まだまだ女性だけの職場であるイメージが強いですよね。

今回は、朝から晩まで女性にばかり囲まれた環境で働くネイリストさん達の恋愛事情をリサーチしてみました。

1.合コンに参加できる時間に帰れない

『場所柄、仕事の後に来るお客様が多いので、合コンに呼ばれても行ける時間に帰れません。』(ネイルサロン勤務/28歳)

『22時、23時頃まで帰れないこともあるので、合コンに参加するのは難しいです。』(ネイルサロン経営/34歳)

オーナーの立場になるとスタッフの代わりに急にお客様を担当したりすることもあり、合コンに呼ばれてもドタキャンせざるを得ないこともあるそうです。

それを繰り返すともう全然出会いの場に呼んでもらえなくなってしまったというケースもあったりして、恋愛には厳しい環境のようです。

2.そもそも、出会いの場は苦手

『人間関係が煩わしくてネイルの仕事についたので、人に紹介を頼んだりするのも苦手です。』(ネイルサロン勤務/29歳)

『もともと人と話すのが苦手なので、飲み会などには行きません。』(ネイルサロン勤務/27歳)

話し上手なイメージの強いネイリストさん達ですが、人と話すのが得意ではないという方が案外多いようです。

合コンや飲み会に行く時間が合わないというだけではなく、知らない男性と話すこと自体が苦手のようですね。

3.どこで出会っているの?

『同窓会で再会した同級生と再会して、ガンガンアタックされて付き合うようになりました。』(出張を中心のネイルサロン経営/29歳)

『帰り道にナンパされて知り合いました(笑)。』(ネイルサロン勤務/23歳)

『カップルを結びつけるのが好きな割とおせっかいな友達がいて、休日が同じ人を紹介してもらいました。』(自宅でネイルサロン経営/33歳)

結婚相談所や婚活サイトに相談するなどして自分から出会いを積極的に探しにいったり、飲み屋でナンパ待ちをするなどの行動に移すネイリストさんは少なく、男性から押されると弱い傾向がある印象でした。

4.同僚は既婚者が多く、紹介を頼みにくい

『同僚のネイリストは全員既婚者。合コンの話どころか紹介も頼めないです。』(ネイルサロン勤務/26歳)

『男性の多い職場で働くことを夫が嫌がるので、ネイルサロンなら許可してもらえました。』(ネイルサロン勤務/31歳)

すでに結婚している女性が働いているケースが多いようです。
職場で出会うとなるとお客様の紹介くらいしかないので、自分の恋愛相談を話せるくらい気心の知れた常連さんを沢山持つのが近道なのかもしれません。

おわりに

華やかそうに見えるネイルの世界ですが、実際にお話を伺ってみると地味な職人の世界という印象を受けます。
モテる、モテないというより、出会いのきっかけが極端に少ないということなんですね。

接客で聞く力が磨かれていたり、美意識が高かったりするので実際に男性と接したらとてもモテそうですが、そもそもモテる、モテないを考えてネイリストになっているわけではない方が多かったです。

(上岡史奈/ハウコレ)
(今井美穂/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事