2015.07.01

マヤ暦&数秘でみる「7月の運勢」

マヤ暦とは古代マヤ文明の高度な天文学や数学を駆使し、自然のサイクルに同調した暦です。13の「宇宙の銀河の音」を数に表し、「心の暦」と呼ばれる顕在意識と潜在意識を色で表したものを組み合わせていました。

シンクロニシティを起こす

私たちは自然の一部でありながら、それを忘れ、自ら生きにくくしています。マヤ暦も数秘も宇宙からのメッセージを数で表したもの。心のみでなく現実の仕事や人間関係などにも活かせます。
全体の流れをマヤ暦から、そしてメッセージを誕生月ごとの数秘から受け取ってみてください。

7月の銀河の音

7月のスタートの音は「11」で「エネルギーの解放」という意味。キーワードは「初志貫徹」です。運勢アップのために何があっても信念を貫くことが重要です。

時期的な流れ

(1)7月3日までは、「青い嵐の13日間」(変容、エネルギー、前向き)
「青い嵐」は、嵐のような変容のエネルギーをもたらします。この勢いに乗ると、すごいスピードで成長していけます。ただし自己中心的で強引になりやすいので、アドバイスを素直に聞いてみましょう。

(2)7月16日までは、「黄色い人の13日間」(自由意志、知恵、理解する)
 「黄色い人」は、自分の生き方を再確認する時です。自分の気持ちがわからない時には、理解してくれる友人に相談しましょう。口に出すとはっきりしそうです。自由な発想が運気アップの鍵です。

(3)7月29日までは、「赤い蛇の13日間」(本能、情熱、生命力)
「赤い蛇」は、健康と情熱をもたらします。情熱的で前向きになれる時期。本音で語り合い、隠し事をしないでいるといい関係を築けます。考えすぎず、自分の気持ちに正直に勇気を持って行動しましょう。

(4)8月11日までは、「白い鏡の13日間」(永遠性、調和、美)
「白い鏡」は、真実を映し出すエネルギー。スピリチャルなことに触れると運気アップに。自分の気持ちや生き方を確認する時期です。神社仏閣などに参拝してみましょう。デートは美術館、写真展など美しいものに触れてみて。

数秘:誕生月別ワンポイントアドバイス

☆1月生まれ
好奇心のままに行動を。知りたいことを調べてみましょう。

☆2月生まれ
ステップアップの月。一つ上の目標を立てましょう。

☆3月生まれ
判断ミスが多くなりそう。とことん注意深く確認を。

☆4月生まれ
新しい出会いを作りましょう。イメチェンもお勧め。

☆5月生まれ
コミュニケーションが鍵に。聞き役に徹しましょう。

☆6月生まれ
ストレス発散が大切。エネルギーチャージのための旅行がお勧め。

☆7月生まれ
早寝早起きなど生活リズムを定めましょう。

☆8月生まれ
「こんなことは私には無理」と思うことこそチャレンジをしてみましょう。

☆9月生まれ
縁の下の力持ちをすると運気アップにつながります。

☆10月生まれ
家族との時間をたっぷりととりましょう。

☆11月生まれ
常に「なぜ?」という疑問を大切にしましょう。

☆12月生まれ
一流の人や場所を選びましょう。上質なものに触れましょう。

おまけに

7月9,17,24,30,31日は拡張日。9日は優しい日。人に気持ちを伝えてみましょう。17日は種まきの日。24日は最高にいい日。30日は運の強い日。31日は自分の運命を感じるものに出会える日。
宇宙の音は、自然の流れとタイミングを告げています。耳をすませてシンクロニシティを呼び寄せましょう。

(数野ギータ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事