2015.07.02

「マッサージ上手だね」彼を悶絶させるハンドマッサージのやり方・4つ

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。

「手、もんであげるよ」そう言ってマッサージしてあげると、家族にも彼にも友達にも、本当に喜ばれます。ネイル授業の練習相手を募集すると、なかなかモデルさんが集まらないのに、ハンドマッサージの練習相手なら、あっという間に10人以上集まる程です。
「ちょっとお疲れ気味かな?」そう感じる相手がいたら、そっと手を揉んであげましょう。手は思いのほか凝っている場所なので、喜ばれること間違いなし。カップルのコミュニケーションとしてもピッタリです。ハンドクリームかオイルを用意して、コリをほぐしてあげてくださいね。

揉む方も楽なのに気持ちいい場所、手の甲

まずは、拳をつくります。手をグーにしたまま、指の第二関節で手の甲をマッサージしてあげましょう。方法は簡単!指先から腕の方向へ向かって、グーにした手で血液を流してあげるだけです。ゴリゴリと詰まったリンパを感じると思います。ポイントは「ゆっくり。」
ゆっくりと数回繰り返すだけでも手がすっきりします。

指の間をしっかりマッサージ

指の間は自律神経のツボがあると言われています。親指と人差し指で指の間をしっかり挟んでマッサージしてあげましょう。指の間にある水かきの部分です。ぎゅうっと挟んで離す、というマッサージを繰り返すだけでも気持ちいいですし、リズムよく挟んでも気持ちいい場所です。手の甲側から挟んでマッサージした後は、手を返して手の平側からも揉んであげてみてください。手の血流が一気に良くなるのを感じられるはずです。

手の平の真ん中を押す

手の平のちょうど真ん中あたりに、凹みがあるのがわかると思います。この部分をぐーっと下に押してみてください。力で押すというよりは、体重を乗せていく感じです。気持ち良くてうとうとしてしまいそうなポイントです。

親指の付け根を揉みほぐす

手の平側から、親指の付け根の膨らんでいる部分をしっかり揉み解してみましょう。肩こりのツボと言われるこの場所は、うっ血して青白く浮腫んでいる方も多い場所です。肩こりがひどい方だと、少し揉み始めただけで顔をゆがめてしまう方もいるくらいなので、力をいれすぎないようにして、ゆっくり時間を掛けて揉み解してあげてくださいね。

親指の付け根から、親指と人差し指の間まで流れるようにマッサージしてあげると、より気持ち良さは倍増します。

指の付け根から先まで握る

まず指の付け根部分を、指を輪っかのようにしてぎゅっと握ります。
相手の指がやや白くなるくらい強めに握りましょう。
そのまま5秒ほど同じ強さで握り続けます。

そして、やや指先側にずらして、同じようにまた5秒ほど握ります。
指先までこれを何度も繰り返します。

全ての指にこの施術をしてもらったあと、指が格段に軽くなっているのがわかるでしょう。
凝った指を強めに握られることで、ちょうどよくほぐされるのです。

ぜひ一度お試しあれ。

おわりに

肌に摩擦が起きると皮膚がひっぱられて痛いので、ハンドクリームやオイルは必ず付けるようにしてください。リラックスできる香りや、マッサージされる人が好きな香りだと、よりリラックス感が増しそうです。足つぼを押すのはちょっと難しいですが、ハンドマッサージは気軽にチャレンジできます。日頃の「お疲れさま」の気持ちも込めて優しくマッサージしてあげてみてくださいね。

(川上あいこ/ハウコレ)

関連記事