2015.07.01

その服でデート、大丈夫?女子がデートで失敗しちゃったファッション4選

好きな人とのデートなら、めいっぱいおしゃれしたい!でも、思わぬところに落とし穴が。

20代の女子に「失敗した!」と思うデートのファッションについて聞いてみました。ムリのないファッションで楽しいデートにしましょう!

1.ハイウエストのパンツやスカート

もはや定番のハイウエスト。おしゃれ度が増すうえに、脚長効果も期待できるのでついついチョイスしちゃいますよね。

「ごはんを残す子だと思われたくなくて、がんばって食べたら胃がしめつけられて苦しかった」(慶応義塾大学/3年生)

「飲んでるうちに気持ち悪くなった」(某大学/4年生)

苦しくて彼との会話を楽しめなければ、せっかくのおしゃれも台なし。
ディナーやお酒デートなら、ハイウエストは避けた方が無難ですね。

2.ひざ丈のタイトスカート

大人っぽくみせたいときに履きたくなるのが、ひざ丈のタイトスカート。ふだんから履き慣れていればいいのですが…

「パンツのときの歩幅で歩こうとして、何度も足がもつれた」(学芸大学/4年生)

「タイトスカートで、海で走って転んだ」(某大学/4年生)

デートで走る、なんて場面はそうそうないかもしれませんが(笑)、いつもより歩幅が狭くなるタイトスカートは、歩くだけでも注意が必要ですね。

3.ホワイトの服

全身ホワイトコーデが流行中だし、白は清潔感がアピールできるので、デートでは重宝しますよね。とくに夏は、涼し気な白が着たくなる季節です。

「ランチデートで、食べ物をこぼして汚れちゃった」(明治大学/3年生)

「白いワンピースを着てて、雨に濡れて下着が透けてしまった」(日本女子大学/4年生)

白い服を汚すのは致命的。食べ物をこぼさないように気をつける女子は多いと思いますが、雨で透けてしまうなんて予期しづらいですよね。
出かける前にお天気もチェックしてください。

4.高いヒール

歩き疲れるのがわかっていても、デートとなると履いてしまうのが高めのヒール。失敗談も圧倒的に多かったです。

「よく歩くのにヒールを履いていってしまった」(立教大学/4年生)

「靴擦れで、足が痛いと言えないまま歩くのが辛かった」(フェリス女学院大学/4年生)

春からのトレンド厚底や、夏に定番のウエッジソールサンダルなら、ピンヒールよりも大幅に負担を減らすことができそう。
少しでも疲れにくい靴を選んでデートを満喫しましょう。

おわりに

ちょっとくらいガマンしてでもおしゃれしたいのが女心。
でも、何より大切なのは彼とのデートを楽しむこと!もう一度、失敗しないファッションかどうか、チェックしてから出かけてくださいね。

(かみむらゆい/ハウコレ)

関連記事