2015.07.02

「彼を傷つけてしまった…」後悔の気持ち、今の本当の気持ちを彼に伝えるには?



こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです!
今回はこちらの16歳高校生から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「私は最近お付き合いしていた彼にふられました。原因は私です。
友達に「彼くんってたらしだね。」とか「彼くんてぶさいくだよね。」と冗談で言われていたので私も冗談のつもりで彼を悪く言ってしまっていました。

そしたらそれを私の言葉だけ切り取って友達が彼に言っていたらしいです。それを聞いた彼はショックを受けたみたいで別れを告げられました。本当はそんなこと思ってもなくてずっと大好きだったのに。

友達の前じゃ恥ずかしいしおちょくられるのも嫌だったから悪く言ってしまっていました。
本当に後悔しています。まだ大好きなんです。きちんと謝りたいし誤解も解きたいです。
どういうふうに言えば信じてもらえるのでしょうか?」

ついつい友達の言葉に合わせて彼を悪く言ってしまう。
学校が同じだったり、共通の友達がいたりすると、たまに起きてしまうトラブルですね。
彼の信頼を取り戻すために考えるべきことを一緒に整理していきましょう!

別れの原因をしっかり考えよう

相談者さんもご自身で言っていましたが、友達の前だと彼氏を自慢するわけにも行かず、友達の話に合わせてしまうこともありますよね。
でも、大切な人を守るには自分の体裁や恥じらいを捨てなければいけないときもあります。

この場合、やっぱり影で自分の悪口を言われてしまったことで彼が傷ついてしまったわけですから、裏表のない自分の彼に対するまっすぐなぶれない気持ちを芯としてしっかり持つことが大切ですね。

彼がとても大切で大好きだという自分の気持ちに自信を持ちましょう。

友達とも彼ともうまくやっていくには?

でもやっぱり友達に彼を自慢するのは気が引けてしまいますよね。
無理をせず、友達の意見も受け入れながら、自分の中で彼が好きなポイントを主張できればよいと思うのです。

例えば、「彼ってたらしだね。」という友達に対しては、
「確かにいろんな人と話すから、そういうふうに見えちゃうよね。でも話し上手で人に好かれるところが私は好きなんだ!」
というように、お友達の話も受け入れ合わせつつ、自分の本心も混ぜていくことが大切!

話を否定したわけではないので、友達も悪い気持ちにはなりません。
あなたが自分に嘘をつかないことが、彼を守ることに繋がります。

彼にもう一度信じてもらうために!

一度彼を傷つけてしまった事実は変わりません。
変に取り繕っても、また裏で何か言われてしまうのではないかと、彼は不安から抜け出せないはずなのです。
様子を伺っておそるおそる近づいては、彼の不安が高まるだけ。

だからこそ、あなたの気持ちをそのまま素直に伝えることが大切です!

「あの時は友達に嫌われたくないという気持ちがあって、友達の話に合わせてしまっていました。弱くてごめんね。本当はあなたのこと◯◯って思ってるよ。いつも◯◯してくれているところとか、本当に大好きで尊敬しているんだ。
今度は私はあなたのことを好きでいることを自慢できるくらい、堂々と振舞おうと思います。だから、また一緒にいてくれないかな?」

これは例ですが、自分の弱さを認めることで、まずは彼にあなたの気持ちを知ってもらうこと。そして、それを踏まえてあなたが今後どうして行きたいのかを伝えること。
それが彼に信頼してもらう、一番大切なことです。

弱い自分が見つかったなら、あとはそれを踏まえて努力すればよいだけ!
その堂々としたあなたの姿勢が見えれば、彼も今のあなたをまた見つめてくれるかもしれません☆

(あやか/ハウコレ)

関連記事