2015.07.02

既婚女性は語る!どれだけ好きでも「結婚したら後悔しちゃう男子」の特徴・5つ

みなさんは、今のカレとの結婚は考えていますか?
結婚はただの恋愛とは違いますから、「好き」の気持ちだけで決断するのはとっても危険です。

でも、そうとはわかってても、具体的にどんなところを見て「この人と結婚すべきかどうか」を決めればいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、2〜30代の既婚女性20人に集まってもらって、「結婚したら後悔するかもしれない男子」の特徴について聞いてみました。
カレがもし当てはまったら、ちょっと立ち止まって考えるべきかも?

1.経済力なし

「結婚は、準備段階でも結婚した後でも、とにかくお金が必要。よほどの貧乏でしょぼい結婚式とか、結婚生活でもいいよっていうのじゃなければね」(ネイリスト/26才)

これについてはほとんどの人が賛成していました。やっぱり結婚は恋愛とは別。お金の話がかなり大事になってきます。

カレが今現在そこそこ収入があったり、高学歴で一流企業に入れそうだったりしたら最高です。「フリーターで夢を追う」とか言ってる男子は、結婚相手としては問題外ですね。

2.不潔

「自分がキレイ好きなら、部屋とか服装とかが汚い男子は、耐えられないと思う。だって、一緒に住む部屋が散らかってすごく汚されるんだよ?」(営業/30才)

結局カレはそれに慣れてて、「全然いいじゃん」とか言って掃除してくれないでしょうから、掃除機をかけるのは彼女、結婚すれば妻になる自分。

ちょっと細かいことだけど、こういうところの価値観の違いって、結婚してからかなり響くそうです。

3.口が悪い

「いつも誰かの悪口言ってたり、あとは彼女に対しても暴言吐いたりするタイプはダメ。
悪口なんて毎日聞いたらこっちが鬱になるし、自分を罵倒する人と同じ家に住むなんてすごく辛いよ」(ウェブ系/28才)

これも、たまにデートで会ったときとかならまだ我慢できるかもだけど、毎日だとたしかに無理そう。

悪口って、相手の悪口でも第三者の悪口でも、聞く相手を暗〜くさせる負のパワーがありますもんね。

4.遊び相手は彼女のみ

「仕事以外にすることがなく、平日の夜も休日も、ずーっと家にいる夫は最悪だよ。
そういう時間て、私たちが結婚してから自分一人でいられる貴重な時間なのに、いつも一緒にいられると息苦しい」(編集/31才)

こういうタイプの男子だと、夜にお嫁さんが飲みに行ったりするのも「俺がいるのに夜遊び?」みたいなことを言ってくるので遊びも制限されちゃって大変だそうです。
彼女以外との時間の使い方もできる男子がいいですね。

5.マザコン

「嫁姑問題は、絶対にどの夫婦でも多少はある。
だから、お母さん好きはしょうがないとしても、なんでもお母さんの肩を持つマザコンはNG」(メーカー/29才)

嫁と姑が上手にやれるかは、夫の手腕にかかっているそう。どちらだけに味方せず、上手にとりもつことができるバランスのいい男子じゃないと、難しそうですね……。

おわりに

どうでしたか?みなさんも、カレと長く付き合ったり、20代後半になってきたりすると、「カレと結婚した方がいいのかな?」なんて思い始めるはず。

そんなときには、まずはこれら5つのポイントに当てはまらないかどうか、チェックしてみてくださいね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事