2015.07.11

この夏のトレンド「ワントーンコーデ」を着こなすための4つのポイント

皆さん、こんにちは。
パーソナルコーディネーターの秋葉優美です。

今年は街中でオールブラックやオールホワイトの「ワントーンコーデ」をよく見かけます。同系色を使った統一感のあるコーディネートです。
しかし、一歩間違えるとなんだか重苦しい、見た目がつまらないなど失敗してしまうことも。そこで今回は「ワントーンコーデ」を可愛く、そしてカッコ良く着こなすための4つのポイントについてご紹介します。

1.上下の素材感を間違えない


ワントーンコーデだからといって、全く同じ素材でトップス、ボトムスを揃えると少し単調に見えてしまいます。
味気ないワントーンコーデから脱却するためには、上下の素材をバラバラにするのがポイント。
綿・麻・ポリエステル・エナメル・レザーなど、生地には様々な種類がありますが、季節感やバランスも意識しつつ、あえて違う素材を組み合わせることがオシャレ上級者への第一歩です。

2.グラデーションカラーを使う


黒・白・赤・青・ピンク・黄色、どんな色にも系統と濃淡があります。
ワントーンコーデでポイントとなるのが、「同じ系統色」で「濃淡に違いをつける」ということです。
違う系統の色味を選んでしまうと統一感がなくなりますし、同じ系統なのに濃淡が無いと重たいイメージになります。
例えば、黒のワントーンコーデで上下共に一緒の色、色の濃淡もないとなんだか面白みのないファッションになってしまいます。
アイテムを選ぶ時はグラデーションカラーを意識することを心がけてください。

3.肌を見せる


人の肌と洋服というのは、色はもちろん、質感も違いますよね。
適度に肌をだして肌色を活かし、重めの印象になりがちなコーディネートに明るさを取り入れましょう。手や足、デコルテを出す事で清涼感を出し、セクシーに演出すると尚良いです。

4.女性らしい小物をアクセントに入れる


小物もワントーンコーデには欠かせません。
靴・バッグ・アクセサリーも同系色アイテムを選ぶとオシャレ度もぐんとランクアップ。
また、小物に関しては、色に注意するだけでなく、女性らしいアイテムを選ぶと洗練された印象に。
例えば、ピンヒール、クラッチバッグなどがオススメです。
上下のワントーンコーデは決まっているのに、小物がなんだかちぐはぐで残念…なんてことにならないように、細かいところまで気をつけてアイテムを選んでいきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
この夏のマストファッション「ワントーンコーデ」。
友達とのコーディネートに差をつけるためにも以上の4つのポイントをおさえて、オシャレ上級者を目指しましょう!

(秋葉優美/ハウコレ)

関連記事