2011.01.18

遊べるだけじゃないんです!iPhoneを使って英語を学ぶ方法

通勤や通学時の電車の中などでiPhoneを利用するケースは少なくありません。音楽を再生したり撮りためた映像を見たりとさまざまな用途で活用されていますが、iPhoneを使えばその時間を英語学習に割り当てることも可能です。

 

具体的には、iPhoneは英会話や英語学習用の専用アプリを多数利用できます。App Store経由でこれらのアプリを取得可能です。口や舌の動きを絵で表現するもの、洋楽の歌詞を表示するものなどさまざま。自分の目的に応じたアプリを選択/利用することが可能です。

 

ここでは代表的な英語学習用のiPhone用アプリを紹介しましょう。

 


アプリ1 発声時の舌の動きを画像で確認しよう

発声する際の舌の動きをイラストで分かりやすく説明するアプリが「iはつおん2 lite」です。イメージで発声方法を確認し、さらに実際の発音を再生して確認することも可能です。下部にある再生ボタンをタップすれば、何度でも再生します。

 

単語の発音を1つ1つ確認し、覚えるのに有効なアプリといえるでしょう。

 


アプリ2 再生中の洋楽の歌詞を表示して英語に慣れよう

英語に慣れ親しむには、好きな洋楽の歌詞を覚えるというのも一案です。実際になんて歌っているのか、その歌詞をiPhone上に表示し、歌を追いかけることで自然と英語に慣れていくものです。そこでさまざまな洋楽の音楽ファイルに対し、自動でファイルの歌詞を表示できるようにするアプリが「Lyrics」です。事前に歌詞ファイルをダウンロードするなどの手間は一切かかりません。再生する音楽の曲を指定しさえすれば、それに合う歌詞を自動取得して表示する優れものです。

 

使い方は簡単です。音楽を再生しているときに「Lyrics」を起動します。曲名を指定すると、クラウド上にあるデータベースにアクセスし、歌詞を取得します。

 

一般的に有名な洋楽は歌詞を取得できますが、新譜やマイナーな洋楽については、必ずしも歌詞を取得できるわけではありませんので注意しましょう。

 

 

 

アプリ3 英英辞典機能プラス発声確認しよう

分からない英単語を辞書を使って調べる際、単に意味を調べるだけではなく、発音まで確認することができる辞書アプリが「Dictionary」です。「Dictionary」は英英辞典です。英語で意味を記しているので、やや上級者向けのツールともいえますが、特徴は発音を確認できる点。上段にあるスピーカーのアイコンをタップすると、発音をチェックできます。こうして一度調べた英単語はブックマークにして登録できます。意味や発音をもう一度調べたい場合は、簡単に呼び出すことが可能です。

 

さいごに

 英語の学習方法はさまざまですが、iPhoneは利用者に応じた各種ツールを利用できます。単に音楽を再生するだけにとどまらず、勉強用途にも活用できるのがiPhoneの魅力ともいえます。ここでは英語学習用として3つのアプリを紹介しただけですが、さらに多くの教育向けアプリがiPhoneでは利用できるので、ぜひ魅力的なアプリを探してみてはいかがでしょう。

 

 

関連記事