2015.07.04

節電なんてもったいない!なかなか幸せをつかめない「省エネ系女子」の特徴・4つ

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
「省エネ系女子」という言葉を、皆さんは聞いたことがあるでしょうか。
ファッション誌なんかでこの言葉が発信されてから徐々に浸透しつつある、いわば「新しい○○系女子」の1つです。
恋愛に対して非常にマイペースで、行動力が低い女子たちのことを「省エネ系女子」と呼ぶそう。

しかし、「恋愛したい」という思いがあるのに省エネしてばかりでは、いつまでたっても成果は得られません!
「節電しましょう」と言われますが、それに便乗して恋愛まで節電しちゃうのはもったいないんです!

というわけで、今回はそんな「省エネ系女子」の特徴を4つご紹介したいと思います。
これに当てはまったあなたは、ちょっと危ないかも!?

1.口癖は「めんどくさい」

「仕事でもプライベートでもすぐ『めんどくさい』とか言っちゃう。男の同僚に『お前そんなんだから彼氏出来ないんだわ』って言われた・・・。」(25歳/女性)

この口癖、意外と出ちゃっている女性っているんですよね。
省エネ女子は恋愛や仕事に関係なく「めんどくさい」「だるい」といって、エネルギーを節約しちゃう人が多いよう。

もちろんそれも良くないですが、このような言葉遣いをするだけで女性としての品がガタ落ちです・・・。もしこれに当てはまったなら、今すぐ言葉遣いを意識しましょう!
きっと、「めんどくさい」で全てを避けちゃうクセも、変化するはずです。

2.恋愛がしたいと騒ぐだけ

「彼氏欲しい、恋愛したい!って騒いでいる女子ほど行動してないよね。
口だけの女は男から信頼をなくすということに気づいて欲しい。」(35歳/男性)

女性の皆さん、大人の男性からこんな意見が出ていますよ!
確かに恋愛がしたいと騒いでいるだけの女子って、恋愛に向けて行動力がとても低いような気がします。

今では婚活パーティーや街コンなど、様々な場所で出会いの場が設けられています。
自分と同じような「省エネ系女子」が友人にいるようなら、その人を誘って一緒に出会いを求めて行動をすると良いですね!

3.好きでもない男性と付き合う

「好きでもない男と付き合う女ってどういう神経しているの?男からしたらバカにされている気分にしかならない。」(24歳/男性)

省エネ系女子は「とりあえず付き合ってみよう」という軽い気持ちで、好きでもない男性と付き合ってしまうケースが多いです。

自分から本気で好きになることがあまりないため、いざ付き合ってみても長続きしません。経験を重ねるというプラスの思考に変えれば、それなりのメリットはありますね。

しかし、それで学びを得ることが出来たとしても、人間性を疑われる元になったり、ビッチだと噂されたり、適当な恋愛をしているうちに、本当にいい出会いを逃してしまうことだってありえます。軽い気持ちで付き合うのは避けた方が無難です。

4.本命になれなくても気にしない

「好きになった人がセフレなだけ。相手には彼女がいるし、このままがいいやって思っているよ。」(21歳/女性)

これに当てはまった方は、かなり重症な省エネ系女子と断言して良いでしょう。
本命になろうと努力しているなら話は別ですが、そうでない場合は早めに二番手の女を卒業するべきです。

いくらマイペースに恋愛をしているとはいえ、自分で自分の首を絞めるような恋愛は辛いですしね。

おわりに

こうして見てみると、省エネ系女子はどんな○○系女子よりも厄介な生き物ですね・・・。
いつまでも節電をしていたら、恋愛での幸せはなかなか掴めません。

まずは1と2の行動を意識して変えてみましょう。
そうすることで3と4のような考え方も、自然と変わるかもしれませんよ!

(矢沢ゆう/ハウコレ)

関連記事