2011.01.18

IEに登録したお気に入りをバックアップとして保存する方法

頻繁に訪れるWebサイトを登録し、二度目以降は簡単にそのサイトへアクセスできるようにする「お気に入り」機能。Internet Explorer(以下、IE)をはじめとするブラウザのほとんどが、Webサイトを登録する機能を備えています。これにより、数多くのWebサイトを効率よく巡回でき、簡単に情報を収集することが可能となります。

 

自分の専用のお気に入りリストを作成したら、バックアップしておきたいものです。もしPCがクラッシュしたらリストは元に戻りません。もう一度、登録したWebサイトにアクセスし直し、お気に入りに登録するのは非常に手間です。

 

そこでブラウザの多くが、登録したお気に入りリストを外部にバックアップする機能を備えています。これを「エクスポート」機能、などと呼びます。

 

お気に入りリストを外部に保存しておけば、もしPCを新調するなどして環境が変わった場合でも、外部に保存したリストを戻すことで、お気に入りリストを再び利用できるようになります。

 

ここではIEを使った、お気に入りのバックアップ方法を紹介します。

 

                       
 

STEP1 バックアップ用の画面を開こう

IEを起動し、上部にあるメニューの「ファイル」から「インポートおよびエクスポート」をクリックします。するとお気に入りなどをバックアップするための専用画面が開きます。

 

                       

STEP2 “エクスポート”を選択しよう

 「インポート/エクスポート設定」の画面で「ファイルにエクスポートする」を選択します。なお、「インポート」は、保存したお気に入りリストをIEに登録する際に利用します。

 

 

STEP3 リストの種類を選択しよう

 何をバックアップするのか、その種類を選択します。ここでは「お気に入り」にチェックを入れます。問題なければ「次へ」をクリックします。

 

 

 

STEP4 お気に入りの場所を指定しよう

 バックアップするお気に入りを指定します。お気に入りとして登録する全リストをバックアップする場合は、「お気に入り」という名のフォルダを指定します。個々のWebサイトやグループをバックアップすることも可能です。その場合は、個別にバックアップする対象サイト(もしくはグループ)名を指定しましょう。

 

 

 

STEP5 保存先を指定しよう

バックアップリストをどこに保存するのか指定します。任意の場所で結構ですが、分からなくならないようにデスクトップなどに一時的に保存することをオススメします。保存先を指定したら、「エクスポート」をクリックすれば保存が開始/完了します。

 

 

 

 

 

さいごに

 

自宅のPCで登録するお気に入りを会社のPCにも反映させたい場合は、上記の方法でお気に入りを外部にバックアップし、そのリストを会社のPCに「インポート」することで同期できます。

 

大切なリストですがバックアップするのを忘れがちなお気に入り。失って初めてその大切さに気付くものです。これを機にぜひみなさんもバックアップしてみてはいかがでしょう。

 

 

関連記事