2011.01.18

Webサイト内の一部分だけ抜き出してお気に入り登録する方法

Webサイト内のある一定部分だけ定期的にチェックしたいという場合でも、実際はWebサイトを開き、その部分まで確認しにいっているのが実情です。もっと簡単に特定部分だけアクセスできないものか。そこでInternet Explorer(以下、IE)は、Webサイト内の一定部分だけ“切り抜き”し、その部分だけお気に入りからアクセスできるようにする機能を備えています。これを「Webスライス」と呼びます。

 

例えばYahoo!オークションで入札中の商品の価格が、今いくらになっているのかを把握するため、価格の部分だけ切り抜いてチェックできるようになります。ポータルサイトの新着ニュース情報だけ切り抜き、最新ニュースの項目だけ簡単にチェックすることも可能です。


ただし、Webスライスを利用するには、Webサイトの対応が不可欠です。すべてのサイトで利用できるわけではありませんので注意が必要です。利用可能なWebサイトは、IEのアドオンギャラリーで調べられます。アドオンギャラリーのサイトを開き、検索窓に「Webスライス」と入力します。検索結果として示されるサイトで利用可能となります。


アドオンギャラリー
http://ieaddons.com/jp/

 

 

 


ここではWebスライスの利用方法を紹介します。


 

 

STEP1 Webスライスを利用できるようにしよう

Webスライスはアドオンギャラリーにて専用ツールをインストールすることで利用できるようになります。アドオンギャラリーにアクセスし、Webスライスを利用したいWebサイトの専用ツールをダウンロードします。

 

 



 

STEP2 Webページを登録しよう

専用ツールをインストールすると、IEのコマンドバーにアイコンが追加されます。切り抜きの対象となるWebサイトから、切り抜きできるWebページを開くと、アイコンが下図のように緑色に変わります(切り抜き非対応のページの場合、アイコンに色はついてません)。

 

 

 

 

切り抜きを実行する場合は、緑色のアイコンをクリックします。すると次のようなメッセージが表示されます(下図)。ここで「お気に入りバーに追加」をクリックすると、IEのお気に入りバーに登録されます。

 

 

 

 

STEP3 切り抜いた内容を確認しよう

登録されたお気に入りバーの項目をクリックすると、そのページの切り抜き部分だけポップアップのように表示されます。Yahoo!オークションの場合、商品の現在の入札価格の部分が切り抜かれ、確認できるようになります。

 

さいごに

Webスライスは必要な情報のみをチェックするのに非常に便利な機能です。大手のWebサイトはWebスライス専用ツールを提供しています。あまり知られていない機能ですが、ぜひ試してみてください。

 

 

関連記事