2015.07.07

いつだってモテモテな「一芸に秀でた男子」と付き合いたいならすべきこと・4選

音楽、美術、スポーツなどが飛び抜けて得意な何かをもった男子は魅力的なものです。振り返ってみると、そのような男子は幼い頃からクラスで人気者で、モテモテでしたよね。

しかし、才能があるぶん“自分とは釣り合わないのでは?”と思ってしまい、アプローチを躊躇してしまう女子も多いのでは?

そこで今回は一芸に秀でた男子と付き合いたいのならすべきことについて、実際に才能のある男性と付き合った経験のある女性にインタビューを敢行。

1.相手の才能を意識しすぎない

「才能がある男子でも恋愛観は普通、というケースも多い。
以前、付き合っていた彼がこの手のタイプで他の男子にアプローチするのと同じように“食事にでも行かない?”と誘ったところオッケーの返事が。
相手の才能を意識しすぎないで、普通に接することが大事だと思う」(26歳/編集)

相手の才能を特別視してしまうと、緊張しすぎたり、相手を格上に見すぎてしまい、不自然なアプローチをしてしまうこともあるでしょう。

一芸に秀でた男子といえども、男子であることは間違いないので、普通のアプローチをした方が効果的なのかも?

2.相手の才能を褒めるときは慎重に

「生まれつき才能に恵まれている人も確かに存在するけど、努力で才能を磨いてきた男子も少なくない。
だから、才能のある男子を好きになったときは、下手に褒めないようにした。“頑張ってね”と応援はしたけど…。
相手は自分の才能を“まだまだ”と思って認めていない可能性もあるからね。その気遣いが功を奏したのか、彼から交際を申し込まれた」
(24歳/事務)

他人から見て十分才能がある人でも、本人が自分の才能を認めているとは限りません。

特に芸術家肌で繊細な男子の場合、褒められると“うれしいけど、褒められるほどの才能じゃないのに…”と落ち込んでしまうことも。
一芸に秀でた男子を振り向かせたいのなら、彼のことを応援するスタンスでいるのがベストでしょう。

3.彼の時間を大事にする

「今の彼は才能があり、世の中からもそれなりに評価をもらっている。
でも、才能を持って生まれた人の定めなのか、さらなる飛躍をするために悩むことも少なくない。
だから彼がひとりになりたいときは、そっとしておく。下手に詮索したりしないで“会いたくなったら連絡して”と言い、彼の時間を大事にしてあげる」(30歳/商社)

才能のある男子はひとりの時間が絶対に必要なのだと思います。自分自身と見つめ合う時間があるからこそ、才能が磨かれていくのです。

そのようなときに、ひとりの時間を快く与えてあげられる女子こそ、才能ある男子に求められるのでしょう。

4.常識から外れた行動も多少認める

「常識の枠にハマっていたら、才能を伸ばすことなんてできないのかも。
彼には常識的に考えたら“その言葉は言わないでしょ”“その行動はないよ”と思うこともしばしばあるけど、そこも彼が一芸に秀でている証拠だと思って認めるよう心がけている」(29歳/自営業)

過去の偉人やアーティストを見ていくと、その当時の常識と相反する考えの持ち主だったり、実際に非常識だと思われる言動を取っていた事実があるとわかるはず。

一芸に秀でた男子は常識やルールの枠に縛られると息苦しさを感じてしまうもの。才能ある彼の気を惹きたいのなら、彼に対して寛大になることが何よりも大事でしょう。

さいごに

一芸に秀でた男子と付き合いたいのなら、彼をどこまで受け止められるかがカギとなるのかもしれませんね。まずは彼の一番の理解者になることを目指してみてくださいね。

(羽音/ハウコレ)
(下薗なおこ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事