2015.07.07

彼と食の好みが合わない!そんな時の解決法4つ

たまにはお洒落して素敵なレストランに行きたいのに、彼が連れていってくれるのはいつも居酒屋ばかり・・・。
女性は味だけではなく、景色や雰囲気も含めて食事を楽しみたい傾向が強いですが、男性でその点を重視する人は女性に比べると圧倒的に少ないですよね。

一方で、口コミサイトなどの影響でグルメな男性も増えており、こだわりが強すぎてついていけないという女性も増えているようです。

もしも、彼と食の好みが合わない!という悩みを抱えてしまったらどのように解決すれば良いのでしょうか?
多くのカップルを見てきた元女探偵の筆者が解説します。

1.彼がグルメ過ぎる場合

彼の奢りで美味しいお店に行けるのであれば良いですが、いつも割り勘でデートをしているカップルの場合は、彼の好みに合わせて高いお店に行くのは苦痛ですよね。

男性は言わないと分からない生き物です。あなたがはっきり言わないで毎回割り勘にしていたならば、あなたがそれで満足していると彼は考えているでしょう。

高いお店に行くのが経済的に苦しいと伝えたら、彼も気付いてくれるでしょう。遠慮しないで早く伝えるべきです。

2.食にお金をかけたくない彼の場合

食に興味がなかったり、あるいは食費にお金をかけるのがもったいないという価値観の彼と、物理的にお金がなくて節約している彼では対処法が異なります。

何か将来のために勉強をしたり貯金をしているのであれば、一緒にお金をかけないで美味しい料理を研究したりするのも楽しいでしょう。

また、食にあまり興味がない彼であっても、あなたには興味があるから付き合っているはずですよね。あなたがご飯をとても楽しそうに美味しそうに食べていれば、彼も興味を持ってくれるようになるかもしれません。

お酒が好きな彼なら、クラフトビールやワインなどから食に興味を持ってもらうのも手です。

3.お店の選択肢が合わない場合

彼はガッツリした揚げ物や焼き肉などが好きで、あなたはサラダやパスタなどが好きな場合、お店を選ぶのが難しいですよね。
「今回は彼に合わせて、次回は自分の行きたいお店に行く」など交代でお店を選ぶ形にするのも良いかもしれません。

また、パンケーキとハンバーガーがあるようなカフェなどを選ぶのも手ですね。

4.味付けの好みが合わない場合

濃い味付けを好む人と、薄い味付けを好む人とでは、好きなお店の好みがくっきり別れてしまいますね。

しかし、手料理なら調節が可能です。人間の味覚は慣れで決まることが多いので、いっそ同棲してあなた好みの味付けに染めてしまうのも手かもしれませんよ。

ただし、何にでもソースを大量にかけたり、ご飯にコーラをかけて食べるような偏食の人はなかなか直りません。

そういった男性と一緒にいると、あなたまで食のマナーが悪いと思われてしまいます。早めに別れた方が良いかもしれません。

おわりに

デートにおいて食事はかなり重要ですよね。
まだ付き合っていない男性と食の好みが合わないと感じた場合、その先に進むのを躊躇する大きな原因になることもあるくらいです。

ただ、男性は良いお店に行く服装やマナーが分からなくて面倒なだけだったり、雰囲気の良いお店に行くのは気恥ずかしいだけだったりします。

慣れれば平気になることが多いので、食事以外の部分では楽しい時間を過ごせる彼ならば、根気強く育てることをオススメします。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事