2015.07.08

心理カウンセラーおすすめ!ケンカ後の仲直りには「負けるが勝ち」戦法

付き合って初めての大きなケンカ。「ケンカするほど仲が良い」という言葉もありますが、そのまま破局を迎えてしまうケースもあるので要注意です。

「好きなら連絡をくれるはず!」と意地を張って自分からは連絡せずに待ち続けて破局してしまうこともあれば、自分は悪く無いと思いつつしぶしぶ謝って、モヤモヤが残る…どちらも避けたい事態でしょう。
彼にあなたの気持ちを理解してもらって、お互い納得して仲直りできるのが一番ですよね。

そこで、鶴山心理カウンセラーお勧めの方法、「女性にしかできない『負けるが勝ち!』作戦」をご紹介しましょう。

男性脳と女性脳の違い

男性と女性は脳の仕組みが違います。男性は「言葉を中心にした論理的思考」の左脳で考え、女性は「五感を中心とした感情思考」の右脳で感じるのです。

だから、女性が考えがちな「愛しているなら彼の方から連絡をくれるはず!」という恋の常識は、男性にはありません。
男性は、愛していればいるほど、恋人が許してくれる可能性がないと思った場合、「自分には彼女の恋人でいる資格がない」とか「彼女を幸せにはできない」と諦めて、自ら去ってしまうこともあるのです。
それが男性なりの愛の証しなのでしょう。

だから、どんなに彼が悪くても、彼と別れるつもりがないなら、女性から許す努力が必要です。怒りすぎると破局を迎えます。

男性は言葉、女性は感情

また、女性は小さなことが積み重なって怒りが爆発することが多く、そのケンカがおこるに至った瞬間的な出来事は、怒りのスイッチが入るきっかけに過ぎないことが多いのに対し、男性はその場のトラブルの直接的な原因のみを考えます。

そのため、怒りが爆発した女性が、過去に男性がしたことへの怒りを表すと、男女はすれ違ってしまいます。

<その瞬間の思考のすれ違い例>
男性:過去を持ち出す意味がわからない→混乱のあまり、逆切れを引き起こす
女性:過去の自分を棚に上げて、逆切れする意味がわからない

男性からすると、あなたが何に対して怒っているのかを考え、その原因を解決して一刻も早く仲直りしようと一生懸命なのに、過去の関係ないことを言って物事をややこしくするあなたの真意がわからず、混乱してしまうのです。

謝りやすい環境を整えた方が得策

さらに、男性はプライドが高い生き物です。男性は、逆切れしたことを反省するものの、振り上げた手を振りおろすタイミングを失ってしまいがちです。つまり、ママに怒られて家に帰れない幼児と同じ心境なのです。

思い出してください。幼いころ、ママに叱られて家に帰りづらいとき、反省したころを見計らったかのように、ママの方から何かしら声を掛けてくれたことを……。

<プライドの高い彼が、彼女に謝ろうと思うきっかけ例> 
1.逆切れした自分を温かく見守ってくれたとき
2.突然会いに来てくれたとき
3.週末の予定を聞かれたとき
4.共通の女友達から「仲直りをしたい」と聞いたとき

→あなたも、彼に対して、そんな大らかな心を持ってみましょう。

おわりに

彼を上手に許すことができるあなたの愛が、彼との愛の絆を深めます。これが「負けるが勝ち」戦法です。

「負けるが勝ち」戦法発動のときは、あなたが「彼と仲直りをしたい」と思った時です。彼も同じ気持ちなら、喜んで仲直りに応じてくれるはずです。
愛され上手な女性は、仲直りも上手なんですよ。

ただし、「仏の顔も3度まで!」です。反省しない彼には、お別れをつきつけるのも必要かもしれません。

(鶴山あずさ/ライター)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事