2015.07.22

「ぐわしっ」に要注意?!写真のポーズにもぴったり「女度アップの手しぐさ」とは?


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。
「手を動かす仕草」気にしたことありますか?いつもと同じ自分の手であっても、ちょっとしたコツで優雅な手に見えるポイントがあるのです。
手を伸ばす仕草をする際に、このコツを知っているかいないかで優雅さが大きく違います。
ちょっとかしこまった席だったり、自分より年上の方達に囲まれてドキドキする日も、場馴れした大人の女性の雰囲気を醸し出すこと間違いなしです。今回の「チリツモ美容道」はそんな「優雅な手のポイント」についてお伝えしますね!

手を大きく広げない

「失礼します。」何を取ろうと手を伸ばした時、いつの間にか大きく手を広げて伸ばしていませんか?野菜の掴み取りポーズのように手を広げて取るのは要注意。
手を伸ばす際は、指を軽く内側に曲げて伸ばすのがポイントです。手を伸ばして、取りたい物に近づいてから手を広げてくださいね。
大切なのは「軽く内側に曲げること」です。完全なるグーで腕を伸ばすと、パンチが飛んできたかと勘違いして、思わず身構えられてしまう場合もあるので、力を抜いて指を曲げましょう。

手の力を抜いてあの指は上げる

例えばお食事の席。ずっと膝に手を置いておくのもお行儀がいいですが、グラスを取ったりフォークを取ったり、手は絶え間なく動きますよね。
そして、ふと無意識にテーブルに手を置いている時もあると思います。頬杖をつくのは子供っぽいですし、姿勢も美しくありません。そんな時は、置いてある手の人差し指と小指だけ少し浮かせてみてください。
ポイントは、指を「ピーン!」と伸ばさないこと。
それじゃまるで「ぐわしっ」のポーズです。もしくは、指遊びでいう「キツネ」です。
わからない場合はググって頂いて構いません。筆者は昭和の女です。
ちょっと話がそれましたが、指を伸ばさずに「軽く指を曲げた状態」で力を入れずに指を浮かせてみてくださいね。

写真のポーズは顎に添えて

この、「人差し指と小指を軽く上げるポーズ」は写真撮影する際もぴったり!ピースとか歯痛ポーズ、視線逸らしも飽きたなぁという方は是非試してみてください。
人差し指と小指を軽く上げたままで、人差し指を頬に付けます。親指と人差し指で顎を挟むような形になると思うのですが、ちょっとだけ首をかしげたポーズが大人っぽく写ります。自然と「笑いすぎ」も防げるので、写真撮影時の筆者のような「変に笑いすぎて目が喪黒福造状態」になりやすい方にぴったりです。
もちろん、わからない方はググって貰って構いません。喪黒福造は知っていて損のないキャラクターだと思います。たぶん。

おわりに

咳をする時やくしゃみをする時も、この「指を軽くあげる」仕草ですると一気に女性らしさが増加します。心なしか、くしゃみの音も小さくなる気がします。
女性度あげて挑みたい時にすぐできるように、日頃から人差し指と小指を軽く上げて生活してみてくださいね。

(川上あいこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事