2015.07.26

朝イチで飲みたい!紫外線対策になる飲み物


夏のお肌の大敵といえば紫外線。日傘や日焼け止めなど、外側からのケアも大切ですが、紫外線ダメージを防ぐには内側からのケアも欠かせません。紫外線によって体内に発生し、シミやシワの原因となる「活性酸素」を除去する働きのある飲み物と、その効果的な飲み方をご紹介します。

(1)トマトジュース

トマトの赤色色素「リコピン」には、メラニンの生成を抑える働きや、紫外線ダメージによってコラーゲンが分解してしまうのを抑える働き、日焼けによって皮膚が厚くなるのを防ぐ働きなど、紫外線から総合的にお肌を守る働きがあり、積極的に摂りたいジュースです。
カゴメの研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積してその効果を発揮し、さらに「朝」摂ることで身体への吸収が高まるそうですから、トマトジュースは朝イチに飲みましょう。

(2)アセロラジュース

カリブ海沿岸が原産のアセロラは、強い紫外線から自らを守るため、豊富なビタミンCを含んでいます。その含有量はレモン果汁の約34倍!ビタミンCは、メラニン色素を還元してシミとして定着するのを防ぐ働きがあります。
また、アセロラに含まれるポリフェノールには、メラニンが作られること自体を抑える働きがあり、ビタミンCとダブルの効果で白肌を守ります。
ビタミンCもポリフェノールも体内に蓄積することができませんから、こまめに飲みましょう。

(3)コーヒー

メラニンは、紫外線から皮膚を守るため、角質細胞からの指令を受けて産生されるのですが、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には、この指令を抑える働きがあるそうです。
また、クロロゲン酸には、お肌の土台となるコラーゲンやヒアルロン酸の生みの親「線維芽細胞」を増やす働きがあるそうですから、日焼けによるシワが気になる方にもおすすめです。
コーヒーは1日4杯飲む場合が、一番健康効果が高いとの調査結果もありますから、1日4杯を目安に飲みましょう。

終わりに

紫外線は毎日降り注ぎ避けて通ることのできない存在。内側からのケアも充実させて、紫外線からお肌を守りたいですね。
(岩田 麻奈未/ハウコレ)

【参考】
朝にトマトを摂ると機能性成分“リコピン”が効率的に吸収されることを確認 - カゴメ株式会社

リコピンと美白・美肌に関する研究 - トマト大学

アセロラ百科事典 – 株式会社ニチレイ

アセロラポリフェノールに関する美白効果 - 株式会社ニチレイ

コーヒーを飲めばシミは防げる!? - 全日本コーヒー協会

ポリフェノールの皮膚における抗老化作用の検討 - 大阪大学 金沢成行

関連記事