2015.07.10

こんな家だと浮気される!元女探偵が見た『浮気が起こりやすい家』の傾向4つ

世の中にはなぜかいつも彼氏に浮気されてしまう子と、彼氏に一途に愛してもらえる子が存在しますよね。
男を見る目があるかないかの違いといえばそうですが、それだけではない何かがあるかもしれません。

実は、「住んでいる家」によっても浮気されやすい家、浮気されにくい家があるというのはご存知ですか?
浮気調査の相談でさまざまな家に相談に出向いた元女探偵の筆者が解説します。

1.部屋が散らかっている家

片付けができない女性は、男性から女として見られなくなる傾向が強いようです。

彼の浮気で心に余裕をなくしているということはあるかもしれませんが、筆者が浮気相談で伺った家の多くは、恐らくその問題が起きる以前から片付いていないだろうと思われる家が多かったです。

2.彼の趣味の物を家に置くことを許さない家

男性はコレクター欲が強く、自分の趣味の世界に浸りたいと思っているものです。

しかし、経済的な事情や部屋の狭さなどで家に趣味の物を置いて欲しくないこともありますよね。
女性が男性の趣味にあまりにも無理解だと、男性の心が離れてしまうことが多いようです。

2ちゃんねるで一時期『夫の鉄道模型を勝手に処分した妻』というスレッドが話題になっていましたが、実際に筆者がどの男性に聞いても「自分の趣味のものを勝手に捨てられたら離婚を考える」という意見ばかりでした。

現実的にはそれだけが理由で別れはしなくても、気持ちが冷める大きな要因にはなるようです。

3.料理をしない、料理が下手な嫁がいる家

『胃袋を掴む』という格言もありますが、食事は本能につながる欲求なので、美味しいご飯を作ってくれる女性はなかなか裏切れないものです。

一方でご飯が下手な女性と暮らしている男性は、どうしても他の女性に美味しいご飯を作ってもらいたくなって、浮気の原因につながりやすい傾向があります。

初めは頑張って料理をしていても、だんだん面倒になって作らなかったりして、女性のほうが調子に乗ってどんどん横暴になっていくと、彼の心が冷める瞬間来るので気をつけましょう。

家事を女性がすべてやる必要はありませんが、「彼のために頑張っている」という姿勢はなくさない方が良さそうです。

4.よく妻の親が来る家

浮気調査の相談に妻の母親がついてくるケースや、夫が婿養子のケースの浮気率が高いのが印象的でした。

妻側の権力が強すぎたり、実家の口出しが強すぎて夫の立ち場がないと、どうしても浮気に走りがちになってしまうのかもしれません。

逆に、いくら夫が頼りなくても、夫をうまく立てられる妻は、浮気されにくい傾向が強いようです。

おわりに

いかがでしたか?
彼が文句を言わないのは優しいのではなく、あなたが理解してくれないと思って口に出さないで我慢しているだけかもしれません。

もし、彼の浮気問題で悩んでいて上記に当てはまることがあれば、改善してみると効果があるかもしれません。女性からすると『そんなこと?』と思うような部分が男性にとっては大きな問題だったりします。

参考URL 夫の鉄道模型を勝手に処分した http://kijosoku.com/archives/25399097.html

(上岡史奈/ライター)

関連記事