2015.07.10

俺より早いのは萎える…。男子ドン引きの「ガサツ女子の秒殺行動」・5選

ちゃきちゃきとスピード感を持って行動することはいいことですが、“ガサツゆえに早い”となると話は別。
「何にでも時間がかかる面倒女子とは違うのよ!」と自信を持ってアピールする女子もいるかもしれませんが、あまりに早いと女度を疑われてしまうことも・・・。

本日は、男子が思わず引いてしまったガサツ女子の秒殺行動について取材してきました。
当てはまる人はスローダウンを心掛けて。

1.メモや事務処理が秒殺

「指示を出すと一瞬でメモする後輩。あまりに早いため、ノートを覗いてみるとミミズよりもひどい殴り書きの文字。見た目が清楚系だけにまじで萎えたわ。
しかもその子、人に渡す伝言メモや事務書類に書き込むときの字まで酷くて・・・。確認に時間とられるから、処理が早い意味ないんだよな。」(27歳/損保)

先輩の貴重な時間だから、と焦ってメモしてるんですよね。電話だって次から次へと対応に追われるから文字なんてケアしてる場合じゃないんですよね。
よーく分かります。

しかし、汚文字に強い抵抗感を覚える男性は多いもの・・・。
せめて、周りの人が見るものについては気を付けられるといいですね。

2.スタイリングやメイクが秒殺

「彼女のメイク時間が毎回5分くらい。しかも髪はクシでとかさず、手グシのみ。俺のヘアセットよりも早いんだよね・・・。
1~2時間かかるのは確かに嫌だけど、女の子なんだからもっと頑張ってほしい。」(20歳/学生)

あああ。これは筆者にも当てはまってしまいますが、確かに男性のヘアセットよりも早いというのは女性として恥ずかしいかも・・・。
やはり、きちんと気を抜かずにセットしてくる女性はキレイですもんね。見習いたいものです。

3.整理整頓が秒殺

「俺の汚い部屋を心配した彼女が掃除をしてくれると言って、あっという間の10分後・・・。
片付いた部屋を見て、めっちゃテンション上がったが、翌日、引き出しを開けてみるとぐっちゃぐっちゃに放り込まれたモノたち・・・。表だけ繕うタイプだと悟った瞬間、興ざめした。」(22歳/学生)

掃除の仕方だけで“表だけいい顔する奴”と決めつけるのはいき過ぎな気が・・・。
しかし、早すぎる上に中がぐちゃぐちゃだと適当にやった感が前面に出てしまいます。

また、一見キレイだけど実は汚いとなるとそのギャップで更にだらしなさが強調されてしまいます。引き受けたなら、じっくり丁寧にね。

4.起きてから家を出るまでが秒殺

「同棲して知ったけど、彼女が起きてから家を出るまで驚異の15分。
ギリギリまで死んだように寝ているのにもドン引きだが、起きてから脱ぎ散らかして台風のように鬼の形相で準備をする彼女にも引いた・・・。」(29歳/銀行)

男子陣にとって完成形はそんなに問題ではないよう。
そこよりも準備する過程に女性らしさを感じているのです。

バッと起きて、バサバサっと服を脱ぎ散らかすのでなく、うとうと起きて畳みながら着替えをするというのが男性の中の理想像ですよ。同棲をしている人は気を付けて。

5.お風呂から寝るまでが秒殺

「俺の元カノはお風呂でてから3秒くらいで布団に入る。
ちゃんと身体拭かないからたまに布団がびちゃってするし、髪乾かさないから濡れた髪が顔に当たったりすると正直気持ち悪いし。だらしなくて本当に嫌だった。」(24歳/メーカー)

うちの犬もバスタオルで拭くのを嫌がり、濡れたままバタバタしてますが、人間、しかも女性なのですからそれはダメですね。

布団が濡れていてはそりゃあ彼も不快でしょう。
最低限のエチケットは守りましょう。

おわりに

実際のタイムより、“可愛くいよう”“キレイでいよう”という意識の低さに男子はドン引きしているよう。
せめて男子よりは心を配り、時間をかけるようにしたいものですね。

(城山ちょこ/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事