2015.07.30

ダメ、絶対!陥りやすい「ヘアアイロンの間違った使用法」

毎日のヘアセットでヘアアイロンを使用される方は多いのではないでしょうか。しかし、その際の正しい設定温度やセットの流れを知っているという方は意外と少ないもの。
そこで今回は、女性誌のヘアメイクページを担当する美容ライターの大野えりかが、髪に負担をかけないヘアアイロンの使用方法を紹介いたします!

ヘアアイロンが髪に与えるダメージ

髪の毛はケラチンというタンパク質が90%を超える割合で構成されています。このケラチンは熱にとても弱く、60℃~70℃ほどまで上がると変性し、髪が傷み始めると言われています。
みなさんはヘアアイロンの温度は何度に設定していますか? 低く設定していても150℃ほど、高くても180℃くらいだと思いますが、熱に弱いケラチンは高温になってしまうと熱変性してキューティクルの形が崩れ、そこからどんどん傷んでいってしまいます。

適正温度は?200度じゃだめ?

ヘアアイロンは200度まで設定できるものがほとんどですが、200度を超えるヘアアイロンを髪にあてるのは絶対にやめましょう。最悪の場合、髪の毛が焦げて焼け落ちる可能性もあります。
髪質により個人差やヘアアイロンの使い方などありますが、150℃~180℃くらいが適正温度でしょう。設定しているのはヘアアイロン自体の温度なので、髪の毛に1秒、2秒当てたくらいでは髪の毛の温度はヘアアイロンの温度まで上がることはありません。
しかし、逆に言えば長時間当てれば当てるほど髪の毛の温度は上昇し、ヘアアイロンと同じ温度になってしまうので、ヘアアイロンは髪の毛に巻き跡がついたらすぐに放してあげてくださいね。

ヘアアイロンを使う際の基本的な流れ

ツヤを出しカールをつきやすくさせるためにも、一度水スプレーなどで髪の毛を濡らしてからブローをしましょう。ブローを終えたらヘアアイロンの熱から髪を守る保護スプレーなどを使用するのもオススメです。保護スプレーを使うことで温度の上がりすぎを防ぎ、ヘアアイロン時もきれいなカールがつきやすくなりますよ。
ミストや保湿タイプのものは、ヘアアイロンで巻いた後に使うようにしましょう。濡れた状態で熱を当てると、一瞬で髪の毛がチリチリになってしまうので気を付けてくださいね。

ヘアアイロンの注意点

最大の注意点は髪の毛が濡れた状態でヘアアイロンを使わないこと。200℃のヘアアイロンで巻くより危険です。
キューティクルは髪の毛の外壁のような役割をしており、乾いた状態のときはキューティクルはしっかり閉まり外からの攻撃を守ってくれます。しかし水に濡れるとキューティクルは簡単に開き、髪の毛の内部をむき出しにしてしまいます。
熱に弱いむき出しになってしまった髪の毛に、180℃にもなる高温のヘアアイロンを当てれば、髪の毛が一瞬にして傷んでしまうのは容易に想像がつきますよね。
必ずドライヤーでしっかり乾かしてからヘアアイロンを使用するようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか? 何かと時間の足りない朝は、ちょっとした手間ですらもったいなく感じてしまい、「髪が濡れた状態でもいいや」「温度を上げて早く巻いてしまおう」と考えてしまいがちですが、それは結果的に髪を傷めてしまうことに繋がります。
傷みのない髪を維持できるよう、正しくヘアアイロン使用してくださいね。

(大野えりか/ハウコレ)

関連記事