2015.08.02

マヤ暦&数秘でみる「8月の運勢」


マヤ暦とは古代マヤ文明の高度な天文学や数学を駆使し、自然のサイクルに同調した暦です。13の「宇宙の銀河の音」を数に表し、「心の暦」と呼ばれる顕在意識と潜在意識を色で表したものを組み合わせていました。

シンクロニシティを起こす

私たちは自然の一部でありながら、それを忘れ、自ら生きにくくしています。マヤ暦も数秘も宇宙からのメッセージを数で表したもの。心のみでなく現実の仕事や人間関係などにも活かせます。
全体の流れをマヤ暦から、そしてメッセージを誕生月ごとの数秘から受け取ってみてください。

8月の銀河の音

8月のスタートの音は「3」で「互いに奉仕する」という意味。キーワードは「未知体験」です。運勢アップのために結果を心配しないで体験を積むことが重要です。

時期的な流れ

(1)8月11日までは、「白い鏡の13日間」(永遠性、調和、美)
「白い鏡」は、真実を映し出すエネルギー。スピリチュアルなことに触れると運気アップに。自分の気持ちや生き方を確認する時期です。神社仏閣などに参拝してみましょう。デートは美術館、写真展など美しいものに触れてみて。

(2)8月24日までは、「青い猿の13日間」(高い精神性、魔術、ひらめき)
 「青い猿」は、変化・変容の成長の途中です。また結果が見えずイライラすることも。どんな時も「喜び、楽しみ」を支えに、遊び心によって困難を乗り越えられます。人には見えなくても、あなたの努力は報われるはず。静かに学びの時を過ごしましょう。

(3)9月6日までは、「黄色い種の13日間」(生命の種、開花の力、目覚め)
「黄色い種」は、結果が出る前の見直し期間。自分の考え方や精神がしっかりしていないと、波乱含みの時期になりそうです。好奇心は旺盛になり、興味のあることを見つけられますが、他人の問題に首を突っこみすぎないようにしましょう。

数秘:誕生月別ワンポイントアドバイス

☆1月生まれ
エネルギーのある時期。少し難しいことにもチャレンジを。

☆2月生まれ
断捨離をしてみましょう。必要なものがわかるかも。

☆3月生まれ
何事にも新たな気持ちを忘れずに。新しい出会いもあるかも。

☆4月生まれ。
積極的に同じ趣味の人と仲良くなりましょう。会話が大切です。

☆5月生まれ
考えすぎずフットワーク軽く行動しましょう。パーティーには参加を。

☆6月生まれ
大自然に触れましょう。自分のことばかり考えないように。

☆7月生まれ
いつもと違う行動をしてみましょう。新しい自分を発見できるかも。

☆8月生まれ
今月は理想主義でいきましょう。自分の気持ちに正直に。

☆9月生まれ
少しだけ現実的に考えて行動を。何事もひと呼吸置いてから決断を。

☆10月生まれ
いいことは大切な人と分かち合うこと。友人たちと過ごしましょう。

☆11月生まれ
何かやり残していることがないかをチェックするようにしましょう。

☆12月生まれ
朝に少しでも掃除をしましょう。新しいやりがいを発見する準備になります。

おまけに

8月12,21日は拡張日。12日はこの年の後半に向けての出発の日。これからの見直しと新たな気持ちへの切り替えを。21日は金運がアップする日。27~31日はエネルギーの強い日。いいも悪いもはっきり結果が出そうです。
宇宙の音は、自然の流れとタイミングを告げています。耳をすませてシンクロニシティを呼び寄せましょう。

(数野ギータ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事