2015.07.11

こんな男と付き合うと病んじゃう!隠れモラハラ男の特徴4つ

彼氏が出来たら急に付き合いが悪くなったり、いつ予定を聞いても回答が返ってこなくなった女友達がいたら、モラハラ男に引っかかって身動きが取れなくなってしまっているのかもしれません。

モラハラとは、モラル・ハラスメントのことです。
肉体的に暴力を振るったりして相手を支配しようとするドメスティック・バイオレンス(以下DV)に比べて、言葉や態度で相手を支配しようとするのがモラル・ハラスメントです。

カップル間での洗脳とも言えるモラハラ。一度引っかかるとなかなか別れられないのはDV男もモラハラ男も同じですが、痣や外傷などで他人に気付いてもらいにくい分、モラハラの方が長期化する傾向があるようです。怖いですよね。
そんな男に引っかからないためにはどうしたら良いのでしょうか?

危険なモラハラ男の特徴をまとめてみましたので、元女探偵の筆者が解説します。

1.自分のために予定を開けていないと怒る

彼の同意なく予定を入れたりしていて、彼のデートに応じないと怒ったり悲しんだりするのが、モラハラの始まるきっかけとして多いです。

本来、彼の都合に合わせる必要はないのですが、優しい女性ほど彼に合わせてしまいがちです。

「この女は従順だ」と思ったらより酷いモラハラが始まっていくので、初めの段階で「ちょっとおかしいな」と気付くことが大事です。

2.平気で彼女を待たせる

自分の都合で呼び出して、夜中でも彼女を待たせたりするのがモラハラ男の特徴です。

彼女が少しでも遅れて自分が待たされると激怒しますが、そのくせ、自分は平気で彼女を何時間も待たせたりします。
「凄い仕事をしているので遅れても当然だ」と思っていたりするのです。

3.「愛している」という言葉をよく使う

モラハラ男は、よく「愛している」という言葉を使います。女性は言葉に弱いので、「私はカレに愛されているから我慢しなくてはいけない」と思ってしまいがちです。

付き合ってすぐに愛していると気軽に口にするような男性は、チャラいかモラハラ男かどちらかの可能性が高いので、いずれにしても要注意です。

4.他の人と会うことを禁じる

他の人がその状況を聞いたら「その彼氏おかしいよ」と指摘されて洗脳がとけてしまうかもしれないので、モラハラ男は2人だけの世界にいたがります。

他の男性と会うのを禁じるだけではなく、女友達とも会わせないようにするのが特徴です。
最近友達から連絡が減ったな〜と思ったり、何か様子がおかしいようだったら気付いてあげてくださいね。

おわりに

一見紳士で良い人そうな男性が隠れモラハラ男だったりするので、見た目だけでは分からないのがコワイところです。

嫉妬と愛情はセットになることが多いので、本当は彼から愛されているのではなく、ただ支配したいだけなんだと本人が気付くには時間がかかるかもしれません。

上記に当てはまるポイントがいくつもあったらくれぐれも気をつけてくださいね!

(上岡史奈/ライター)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事