2011.01.24

【iPhoneにできること】 「SimpleMind Xpress」を使って・・・大勢の意見をまとめるときにも便利!頭の中の情報を整理する方法

仕事で新企画やアイデアを練る場合、次々と思いつくキーワードをどうまとめ、整理したらよいのか分からないというケースは少なくありません。イメージや単語だけ先行し、いざ企画書にまとめようと思ったとき、これらの関連付けができないため、十分に活用しきれない、というのが一般的ではないでしょうか。

 

そこで思い付いたキーワード同士の関連を整理する手法として「マインドマップ」があります。これはキーワード同士の関係を線で結び、色分けするなどしてイメージとして関連を管理するものです。マインドマップを利用することで、キーワード同士の主従関係が把握しやすくなるほか、視覚的に図式化するので重要なキーワードを容易に認識できるようになります。

 

iPhoneではマインドマップ用のアプリを提供。外出先などでも簡単に頭の中のアイデアを整理することが可能となります。

 

ここではiPhone用のマインドマップアプリ「SimpleMind Xpress」を使ったキーワードの整理法を紹介します。

 

 

 

STEP1 SimpleMind Xpressをダウンロードしよう

SimpleMind XpressはApp Storeよりダウンロード可能です。カテゴリは「仕事効率化」。無料でダウンロードできます。


 

STEP2 新規マップを作成しよう

アプリを起動します。画面の右上に「+」のアイコンがあるので、これをタップします。すると新規のマインドマップを作成できるようになります。

 

 

 

画面中央にキーワードを入力します。例えば下図では「iPhone」と入力します。最初はおおもととなるキーワードやコンセプトなど、抽象的なキーワードで構いません(もちろん、どんなキーワードから始めても結構です)。

 

 

 

 

STEP3 キーワードを追加していこう

キーワードを追加していきます。さらに画面をタップし、新規キーワード用のボックスを作成します。例えば「iPhone」に関連するキーワードとして、「ゲーム」や「音楽」、「仕事を効率化する」などの目的や、「高価」「みんな持ってる」「Androidが対抗」などのイメージなどでも結構です。

 

これを繰り返し、キーワードから派生するイメージを足し、キーワード同士の関連を広げていきましょう。

 

 

STEP4 継続的にアイデアを練り上げよう

作成したマインドマップは保存できます。画面左下にあるアイコンをタップし、メニューから「Save to Desktop」をタップします。これで保存完了です。再び呼び出すときはメニューにリストとして表示するので、タップして開けます。途中まで作成したマインドマップを追加して拡充することも可能です。

 

 

さいごに

マインドマップは慣れない人はとっつきにくい手法かもしれません。しかしアイデアを練る際、何から手をつければよいのか分からない人は、試しに使ってください。何気ないキーワードの入力が新たなアイデアを生むきっかけにつながるはずです。

 

会社で大勢の意見をまとめる際にも有効です。ブレインストーミングで出た意見を整理するのにマインドマップを活用すれば、一見ばらばらの意見が、関連性のある内容に俯瞰して見ることができるようになります。

 

 

関連記事