2015.08.06

見た目の潤いに騙されないで!夏に注意すべき「インナードライ」

これから夏に向けて湿度が上がり、皮脂の分泌も活発になっていきますね。
この時期注意して頂きたいのは、肌に潤いがあるように見えても、実は肌内部が乾燥している場合が多い事。これを『インナードライ』といい、女性の80%以上にインナードライの疑いがあると言われています。

1.インナードライの原因

エアコンや紫外線などによる影響で、夏の肌はどんどんうるおいを失っているのが現実です。紫外線をわずかに浴びただけでも、肌の水分量は減少します。そして水分の少なくなった肌は、防御機能が低下して紫外線をはじき返せず、肌内部のダメージを広げて乾燥を悪化させてしまうのです。
更に、汗や皮脂で見た目がベタつきやすい夏は、コマメに洗顔する方が多いと思いますが、実はこれが皮脂の分泌サイクルを早めてしまい、肌内部の乾燥を促す結果に繋がっているのです。

2.あなたのインナードライ度チェック

そこでまず、インナードライ度をチェックしてみましょう。

・夏は乳液やクリームをほとんどつけない。
・ほとんど湯船に入らない
・1日数回顔を洗う。
・朝も必ず、洗顔フォームや石鹸で顔を洗う。
・保湿しているつもりなのに乾燥する。
・傘や帽子をあまり使わない。
・お風呂上りはエアコンの効いた部屋で過ごす。
・紫外線を多く浴びる生活をしている。
・体を洗う温度のお湯で洗顔している。

さあ、みなさんはいくつ当てはまりましたか。3つ以上当てはまる人は、インナードライの可能性が高いので注意が必要です。

3.インナードライ対策

紫外線に負けない肌を目指すには、肌がたっぷりの潤いで満ちていることが大切です。肌に潤いがあれば、潤い層が緩衝材となって紫外線をはじき返してくれるのです。
「夏はベタつくから」と、乳液やクリームを使わなかったり、さっぱりスキンケアに走ったりしがちですが、夏こそ保水と油分の両方が必要なのです。
そこでおすすめなのが、ベタつきを抑えて肌の保湿力を高める「化粧水のダブル使い」です。さっぱり系としっとり系を両方使いましょう。

最初にさっぱり系化粧水をたっぷり手に取り、肌に押し当てるように化粧水を浸み込ませましょう。肌がひんやり冷たくなるようゆっくり馴染ませてください。その後、保湿成分の高い化粧水を重ねてつけることで肌をモチモチ状態にします。両手に化粧水をたっぷり馴染ませ、手のひら全体で包み込むように浸透させていきましょう。
そして、最後は乳液またはクリームで仕上げましょう。外出の際は、UVケアをこまめに行ってください。紫外線から肌を守る事が、夏の肌乾燥を防ぐ第一条件です。

おわりに

夏はベタつくので重ね付けをしたくない気持ちはよく分かりますが、美肌を保つには乾燥は天敵です。冬同様のスキンケアを心掛けるようにしてください。そしてエアコンや紫外線から肌を守り、暑い夏を乗り切りましょう。

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事