2015.07.16

「この女…ないわ…」初めての食事デートを最後の晩餐にしてしまう4つの言動

『いいなぁ~』と思っていた男性とのお食事デート。
あなたは楽しい時間を過ごしたつもりでいても、もしかしたらあなたの何気ない言動で男性から幻滅されているかもしれません。
一回目の食事が『最後の晩餐』にならないように、次の4つの言動に気を付けてみてください。

1.偉そうな態度

「店員に対して態度がでかい。その日は我慢するしかないけど、もう一緒に食事したくない」(45歳/アパレル)

これは一緒に食事している身からすれば恥ずかしいし、居心地が悪いですね。
「お金を払ってるからお客が偉い」と勘違いしている人もたまにいますが、よく考えてください。お金を払って、対価としてサービス等を受けているんです。

なので同等ですよね?どっちが偉いとかではありません。また、態度が大きい女性より、腰が低くて丁寧な言葉使いの女性の方が当然好印象ですよね。

2.「なんでもいいよ」と言いつつ…

「何食べようか?って聞いたら『私はなんでもいいよ!』って言うから焼肉に連れて行ったら『さっぱり系の気分だった』って言われました…。ないわー。だったら最初に言ってよ!」(30歳/会社役員)

「なんでもいいよ」って一番困る回答ですよね。毎回「なんでもいいよ」と言われては、優しい男性だって連れていくのが面倒臭くなってしまいます。

コレ!というものが思いつかなかったとしても、『あっさり系がいいな~』とか『こってり系がいいな~』とか、彼に薄っすらと希望を伝えてみてください。

3.お金は最初から出す気なし

「お会計の時に「あ~こまかいの無いや。おっきいのしか無い」と言ってお金出す気が一ミリもない女性」(30歳/経営者)

最初からおごられる気満々で来たのでしょう!出す気がないのにごまかすくらいなら、潔く「ごちそうさまでーす!」って言ってしまった方が良い場合も。

でも、たとえおごってもらう気満々でも、少しはお金を出そうとする素振りをしてみた方がいいかもしれませんね…。相手の男性の考え方や経済状況によっては、もう誘ってもらえなくなってしまうかもしれませんから(笑)

また、もし全額おごってもらったのなら、「ごちそうさまです」とお礼の言葉を言うだけでなく、そのあとバーでごちそうするとか、別の日にカフェかどこかでごちそうをして、食事のお礼をしてみては?

4.スマホいじり

「料理が出てくるたびに写メ。そしてSNSに投稿。友達にLINE返信。スマホばっか触ってる」(27歳/営業)

女性に多いあるあるですね。とりあえず食事を撮ってSNSにアップ!そして「いいね!」の数が気になる。そんな感じでしょうか?
せっかく男性とデートしているんだから、スマホはしまって、彼との会話を楽しみましょう。

女子会なら、みんなでわいわいパンケーキや可愛いスイーツを撮って楽しむのも良いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?
一回目のデートでうんざりされてしまったら、せっかくのチャンスを逃してしまいます。
お互い気持ち良く過ごせるように配慮して、次のデートに繋げてみてくださいね!

(美佳/ハウコレ)

関連記事