2015.08.25

韓国女子のような「うるツヤ肌」を手に入れる!水光注射体験レポ


前回の記事で、韓国女性の「濡れたように煌めくツヤと潤い、弾力のあるお肌」を手にいれるために欠かせない美肌治療である「水光注射」についてお話ししましたが、今回は、筆者が実際に韓国へ訪れ、体験、取材してきたレポートをご紹介します。

体験、取材させて頂いたのは、ソウル江南地区「美容皮膚科 流」さんです。

カウンセリング~施術まで

まずは、しっかりとカウンセリングを行います。
※予約は必須となっているので、日本からの予約の時点で、ある程度の肌悩みや気になる施術を伝えておきます。

気になる施術があっても、たくさんある施術の中から、自分に一番合った施術を選ぶのは難しいですよね。
カウンセリングでは、お肌の状態をその場でキチンと診断してくれて、肌悩みの相談にのってくれるので安心です。
また、今回のように海外での施術であれば、日本語の通訳さんがいるかどうかも重要なポイントとなります。

私が今回受けた「水光注射」は「手打ち注射」となります。
使用するヒアルロン酸は水光注射の王道「レスチレンビタール」という種類です。
通常のヒアルロン酸に比べ粒子がとても小さく、水分をお肌の中に留めておく時間が長いため、効果の持続時間が長いのが特徴です。
使用している針はとても細い「ミラー針」を使用しています。
細いため、施術後の針穴跡が残りにくく、お肌にかける負担もとても少なくなっています。

また、「水光注射」には、通常2タイプがあります。
今回私が体験した「手打ち注射」と「機械打ち注射」です。
2つのタイプには以下のような違いがあります。

〇「手打ち注射」
・お肌の状態を見て、入れる深さや量などを調整できる
・針が細いので、針跡が目立ちにくい
・効果が持続しやすい
・麻酔クリームでは、痛みがきつい
※痛みが強いため、「美容皮膚科 流」さんでは、静脈麻酔をおすすめしています。

〇「機械打ち注射」
・機械で均一に打つ
・均一な深さなので、ダウンタイムが多少短い
・手打ちよりも痛みが少ない
・手打ちに比べて効果が短い場合がある(個人差あり)

それぞれメリット・デメリットがありますので、自分のニーズに合った注射を選ぶことをおすすめします。

しっかりとカウンセリングを行い、施術を確定したら、施術の説明、注意事項などをよく聞いてください。

「水光注射」の注意事項は前回の記事をご覧ください。

「水光注射」施術~終了

カウンセリングが終わったら施術着に着替え、ベッドにあがります。
まずはお肌をキレイにクレンジングし、点滴ではなく、注射器での静脈麻酔をします。

施術は10分~20分程度。「水光注射」が始まる頃には、麻酔が効いて眠っているため、「水光注射」の唯一の懸念点の痛みもちろんなく、無痛です。
痛みで顔に力が入ってしまうと、しっかりとお肌の奥へヒアルロン酸を届けることができなくなってしまうので、麻酔のタイプは自分に合った施術を選びましょう。
私はトータルで100箇所くらい注射してもらいました。
こちらも顔の凹凸などを見て、細かく、1人1人に合わせて打ってくれます。

終了したあとは、個人差がありますが、20~30分ほどで目覚めます。
少し眠気は残っていましたが、ゆっくりと起き上がり、着替えを行いました。

お肌の奥まで注入するため、多少、針跡や内出血が残る場合がありますが、数日で消えます。
また、ダウンタイムの1つでもあるお肌の凸凹も数日残りますが、その場では、日焼けどめやBBクリームはすぐに塗って帰ることもできるので、通常の生活をする分には支障はさほどありません。そこも嬉しいポイントですね。
施術後は、普段よりもスキンケア、特に保湿ケアをしっかり行うことが大切です。

「水光注射」を体験して




こちらはモデルさんの画像になりますが、写真で見ても分かるくらいの効果と即効性があります。
やはり、この効果と即効性が「水光注射」の人気の決め手ではないでしょうか?
実際に私もお肌の調子が良くてびっくりしています。内側からの潤いと弾力が確実にUPしました。
ヒアルロン酸は、元々お肌に存在する生体内成分なので、お肌へのなじみもとても良いため、効果もでやすく安心ですよね。
個人差はありますが、半年以上効果は持続するとのこと。
「水光注射」は、定期的に受けると、お肌全体の底力がUPし、ハリ感、ツヤ感、くすみ・小ジワなどがより改善されていくため、お肌の老化を遅らせることにより、自らの肌細胞へのアプローチとして、とても効果的な施術です。
半年おきくらいに定期的に受ければ、維持期間が長くなります。

また、肌悩みに合わせて「EGF注射」や「PPR注射」を併せると、相乗効果で、再生率を高めてくれ、持続がより長持ちもするので併せて打つ方も多いようです。

もちろん、日々のお手入れは大切ですが、自分の肌悩みに合わせて、韓国女性の内側から溢れでる「濡れたように煌めくツヤと潤い、弾力のあるお肌」を手にいれてみてはいかがでしょうか?


「美容皮膚科 流」
住所 :江南区論硯洞267-15サイダスHQビルB棟4F(日本語)
:강남구 논현동 267-15 싸이더스 HQ빌딩 B동 4F(ハングル)
病院電話番号:02-564-2842(韓国からの電話時)
:001-010-81-2-564-2842(日本から電話時)
≪対応可能言語≫ 日本語・韓国語
※カウンセリング時も日本語通訳常設
予約メール:luceclinic.beauty@gmail.com(日本語対応可)
美容皮膚科 流ブログ:http://ameblo.jp/bulnam808/

関連記事